Messengerルーム イメージ動画
Video by: フェイスブック

Lifestyle

フェイスブックに無料グループビデオ通話機能「Messengerルーム」が登場、時間無制限で50人まで参加可能

Messengerルーム イメージ
Messengerルーム イメージ
Image by: フェイスブック

 フェイスブック(Facebook)が、グループビデオ通話機能「Messengerルーム」を発表した。通話の人数制限は最大50人で、無料で利用可能。時間制限は設けないという。一部の国で今週から導入され、米国など他国に順次拡大する予定。日本でも今後数週間以内に提供を開始する。

— ADの後に記事が続きます —

 Messengerルームは、フェイスブックまたは「メッセンジャー(Messenger)」からルームを作成し、メンバーを招待することで無料で利用できる。メンバーはフェイスブックアカウント有無を問わず招待でき、共有されたリンクでスマートフォンやPCのブラウザからでも参加できる。また、フェイスブックのニュースフィード、グループ、イベントから開始およびシェアを可能にし、招待しやすくした。友人やコミュニティが参加可能なルームを作成している場合はフェイスブック上に表示され、参加者の管理権限を持つルームの作成者に承認されると通話中のグループに参加することができるという。

 通話中の機能には、メッセンジャーですでに提供しているうさぎの耳などのARエフェクトに加え、王宮やビーチなど360度没入型の背景が使える新しいARエフェクトのほか、14種類の新しいカメラフィルターが追加される。

 フェイスブックによると、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛を受け、多数の国でメッセンジャーや「ワッツアップ(WhatsApp)」を使用した通話数が以前の倍以上になり、現在7億以上のアカウントが毎日音声またはビデオ通話を利用しているという。フェイスブックはメッセンジャールームの提供を通し、人々のつながりを支援したいという。今後は「インスタグラム(Instagram)」のダイレクト機能や「ワッツアップ(WhatsApp)」、通話用デバイス「Portal」からもルームを作成できるよう準備を進めている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング