花王公式サイトより
花王公式サイトより

Technology

花王が北里大学の研究グループに参加、新型コロナ感染を抑える抗体開発

花王公式サイトより
花王公式サイトより

 花王が、北里大学大村智記念研究所ウイルス感染制御学Ⅰ研究室の片山和彦教授ら(以下、北里大学)と、Epsilon Molecular Engineering(以下、EME)の研究グループに参画し、新型コロナウイルスの感染を抑えるVHH抗体の開発に成功した。新型コロナウイルスの治療薬や診断薬開発への応用が見込まれるという。

 今回開発したVHH抗体は、ラクダ科動物由来の抗体で一般的な抗体と比較すると10分の1のサイズ。微生物を活用した低コスト生産が可能な点や高い安定性を持つ点が近年注目を集めている。ウイルスに結合することで、細胞への侵入を妨げ、感染を防ぐという。

 花王は開発にあたり、EMEと連携して抗体候補のタンパク質を効率的に見つけられる技術「cDNA ディスプレイ技術」を用いてVHH抗体の配列情報を取得した。花王独自のバイオ生産技術を活用し、抗体候補の成分の情報を基に遺伝子を合成。作製した抗体の標的分子に対する結合能を評価したところ、VHH抗体が標的分子と結合することが分かり、北里大学との性能評価では新型コロナウイルスの感染を抑える機能が確認された。

 新たに開発したVHH抗体は、治療薬や検査薬などに応用が見込まれる。研究グループは今回の成果を世界中で活用できる方法を検討し、発信することで治療薬の開発の活性化を図るという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング