Image by: NIKE

Fashion

ナイキが新作シューズ「エア ズーム タイプ」発売、アルファフライの試作品から製作

Image by: NIKE

 「ナイキ(NIKE)」が、「エア ズーム アルファフライ ネクスト%(以下、アルファフライ )」の試作品をベースに製作した新作シューズ「ナイキ エア ズーム タイプ」を6月4日に発売する。

— ADの後に記事が続きます —

 ベースとなったアルファフライは、3月1日に行われた東京マラソン2020で日本新記録を打ち出した大迫傑選手が着用していたことでも知られるナイキの厚底ランニングシューズ。前足部に2つの「ナイキ ズーム エア ポッド」を配置したデザインが特徴で、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)や駅伝などの競技レースで好記録が続出した「ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」の後継モデルとして登場し、発表当初から話題を集めている。

 ナイキ エア ズーム タイプは、ランニングの記録更新ではなく、体や足への負担を和らげることを目的に製作。前足部に2つのナイキ ズーム エア ポッドを搭載し、中足部のサポートのためにアルファフライでカーボンプレートが使用されているソール内部にはTPUプレートを採用した。通気性に優れたシュータンは「ナイキ ルナ レーサー」を参考にデザインされ、アッパーには作業過程を感じられるようにと大胆にステッチをあしらった。価格は税込1万8,150円で、SNKRSなどで取り扱う。

SNKRS

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング