新社屋イメージ
新社屋イメージ
Image by: Apple

Business

アップル初のホテルが2022年開業へ、新社屋に併設

新社屋イメージ
新社屋イメージ
Image by: Apple

 アップル(Apple)が、テキサス州・オースティンに建設中の新社屋内に同社初となるホテルの開業を計画しているとオースティンの地元メディア「culture map AUSTIN」が報じた。

— ADの後に記事が続きます —

 新社屋は、10億ドル(約1,080億円)をかけて2019年11月頃から建設を進めており、2022年に開業を予定している。社屋は最大1万5,000人の社員が収容でき、200万平方フィート(約5万6,200坪)がオフィススペースとなる計画だという。

 報道によると、当初ホテルの建設予定は無かったが、現地時間4月29日にホテルの建設が含まれた改訂計画がオースティン市に承認された。ホテルの規模は7万5,500平方フィート(約2,107坪)で、6階建ての建物に192室を備えるという。

 なお、FASHIONSNAP.COMの問い合わせに対して、Apple Japanからはホテルの詳細について回答は得られなかった。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング