「フォション」フランス版サイトより
「フォション」フランス版サイトより

World News

フランスの高級食材店「フォション」が更生手続を申請、黄色いベスト運動とコロナショックで売上減

Update:

【2020年6月24日23時続報】再建計画はパリの2店舗を対象としており、ホテルやグランドカフェ、ティーブティックは該当しない。また、フォション ジャパンへの影響は無く、国内の店舗は引き続き営業する。>>詳細はこちら

「フォション」フランス版サイトより
「フォション」フランス版サイトより

 フランスの高級食材店「フォション(FAUCHON)」が現地時間6月23日、裁判上の更生手続を申請したとAFP通信が報じた。

— ADの後に記事が続きます —

 フォションは1886年に食料品のセレクトショップとして創業し、その後世界中からセレクトした素材を自社で加工、販売するようになった。1898年にカフェ「サロン・ド・テ」をオープンし、各国の産地から取り寄せた茶葉を独自のブレンドで仕上げた紅茶が人気を集めたほか、1960年代には当時珍しかったフレーバーティーの販売を始めたことなどから一気に有名になった。日本へは1972年に上陸。カラフルなマカロンやフルーツをふんだんに使ったスイーツを中心に支持されている。

 報道によると、2018年から断続的に行われているフランス政府への抗議活動「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト運動)」の影響でパリのマドレーヌ広場に位置する本店などで観光客を含む入店客数が減少。新型コロナウイルスの流行によるロックダウン(都市封鎖)が追い討ちをかけ、店頭売上がさらに悪化し、店舗維持が困難になったという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング