Business

ZOZO、ファッション推薦データと研究基盤をオープンソースとして公開

Image by ZOZO
Image by: ZOZO

 ZOZO研究所が、ファッション推薦データと研究基盤「Open Bandit Data & Pipeline」をオープンソースとして公開した。

— ADの後に記事が続きます —

 公開したOpen Bandit Dataは、ゾゾタウン(ZOZOTOWN)上の推薦アルゴリズムから取得した2800万件を超えるファッション推薦データで、消費者のファッションの好みをAIで分析したもの。Open Bandit Pipelineは、新しい施策やアルゴリズムを実サービス環境に導入した際の信頼性を予測し、その正確さの検証ができるソフトウェアパイプラインとなる。

 ZOZOグループは、アメリカや中国の少数の大企業によるデータと技術の占有により、外部の企業や技術者が同じ土俵で技術進歩に貢献することが難しい現状を懸念。保有する大規模データやパイプラインを公開することで、日本発のデータ技術のオープンイノベーションを促進する。なお、データは商品や顧客の特定ができないように匿名化し、プライバシーに配慮する。

■Open Bandit Data & Pipeline取得先:Open Bandit DataOpen Bandit Pipeline

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング