senken plus

ワールドのオフプライスストア「アンドブリッジ」が都内進出

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

 ワールドとゴードン・ブラザーズ・ジャパンが共同出資で設立したアンドブリッジ(東京、松下剛社長)は8月29日、オフプライスストア「アンドブリッジ」を東京・浅草のロックス・3Gの1階に開いた。3店目で都内初出店。9月5日には、イオンモール京都2階にも出店する。今期(21年3月期)は、あと2店を出す計画で、うち1店は来春、関東圏に大型店を開く予定だ。都心型、都市近郊型、郊外型の3タイプで立地・客層に応じたMDを確立し、出店を拡大する。(友森克樹)

 1号店は19年9月、さいたま市・にしおおみやファッションモールに開いた。売り場面積990平方メートル。同店は都市近郊型の位置付け。20年3月には、郊外型として神奈川県のニトリモール相模原店2階に出店した。同495平方メートル。浅草店(594平方メートル)、京都店(627平方メートル)ともに期間限定店で、初の都心型として実験・検証する。前者は約5カ月、後者は約1年半の予定。

 都心型MDを採用する店舗は、一品単価の高い商品の比率を増やし、客単価の増加を狙う。1号店は、元々の定価が1万円以内の商品が6割以上を占めるのに対し、浅草店は1万~2万円、2万円以上が5割を占める。客単価も1000円高い、6000~6500円を見込む。

 昨秋の業態スタート以降、「新型コロナウイルスの影響がありながらも、売り上げ、客数ともに計画通りに推移している」(大久保泰秀アンドブリッジMDリーダー)という。ゴードン・ブラザーズ・ジャパンによる買い付けも順調に拡大しており、業態全体で65社250ブランドと取引がある。今春以降、取引相談数で約1.5倍、ブランド・商品量で約2倍になっているという。

 来期以降の出店は、22年3月期が5~10店、23年3月期10店の計画。来春の大型店は2層で売り場1419平方メートルの予定。

浅草に開いた新店舗。30~40代の働く女性を主対象とし、トレンドを意識した品揃えにしている
浅草に開いた新店舗。30~40代の働く女性を主対象とし、トレンドを意識した品揃えにしている
1号店で子供服や靴が人気なのを踏まえ、浅草店でも充実した売り場を作った
1号店で子供服や靴が人気なのを踏まえ、浅草店でも充実した売り場を作った
浅草店のメンズ商品構成比は約30%
浅草店のメンズ商品構成比は約30%

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング