「中原淳一のはじめての、ふろく展」
「中原淳一のはじめての、ふろく展」
Image by: ほぼ日

Art

中原淳一が手掛けた付録が並ぶ展覧会開催、レターセットなど約50点を公開

「中原淳一のはじめての、ふろく展」 Image by ほぼ日
「中原淳一のはじめての、ふろく展」
Image by: ほぼ日

 中原淳一の作品を採用した別注の「ほぼ日手帳2021」の発売を記念し、展覧会「中原淳一のはじめての、ふろく展」が、青山TOBICHIで開催される。会期は9月11日から27日まで。

 展覧会では、中原が手掛けた雑誌「少女の友」「それいゆ」「ひまわり」などの付録をフィーチャーし、現存する貴重なアーカイヴを公開。手芸の小冊子やレターセット、ファッションスタイルブック、かるた、カードゲームなど約50点が並ぶ。付録のみの展示は、中原淳一の作品展として初の試みだという。会場では、別注のほぼ日手帳2021(税別2900円)や書籍、文具などのグッズを発売するほか、復刻デザインの「スカートとタイ付ブラウスのセット」を受注販売する。

■中原淳一のはじめての、ふろく展
会期:2020年9月11日(金)〜2020年9月27日(日)
開催時間:11:00〜19:00
会場:TOBICHI2 東京都港区南青山4-28-26
入場料:無料
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング