H&Mグループ公式サイトより
H&Mグループ公式サイトより

World News

H&Mグループが2021年に250店舗を閉店へ、デジタル部門を強化

H&Mグループ公式サイトより
H&Mグループ公式サイトより

 ヘネス・アンド・ マウリッツ(H&M)グループが、2021年に250店舗を閉店すると発表した。

関連記事
H&Mグループが年内に170店舗を閉店へ、デジタル化を促進

 同社では、今年7月に年内に170店舗を閉店することを発表。数年前から取り組んでいるデジタル化をさらに強化し、店舗数の最適化や販売チャネルの統合などを推進していくことが理由で、今回の発表もその一環だという。なお、現時点で閉店する店舗のブランドや市場は公表されていない。

 デジタル事業の促進に伴い、実店舗を閉店する動きは他社でもみられており「ザラ(ZARA)」の親会社インディテックス(Inditex)は、2021年までに傘下ブランドの1000〜1200店舗を閉鎖する計画だ。

あわせて読みたい
「ザラ」擁するインディテックスが最大1200店舗を閉鎖へ、デジタル施策強化の一環で

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング