ADVERTISING

Image by: アディダス

アディダスのフューチャークラフトから新アッパーが登場、アスリートのデータを基に糸を配置したシューズ開発

TECHNOLOGY

Image by: アディダス

アディダスのフューチャークラフトから新アッパーが登場、アスリートのデータを基に糸を配置したシューズ開発

TECHNOLOGY

Image by: アディダス

 「アディダス(adidas)」が、イノベーションの可能性を探求するプロジェクト「フューチャークラフト(FUTURECRAFT)」から、テキスタイル技術ストラング(STRUNG)を用いたシューズ「フューチャークラフト ストラング(FUTURECRAFT.STRUNG)」を発表した。現段階では量産体制は整っておらず、2022年の一般発売を目指す。

ADVERTISING

 フューチャークラフトプロジェクトではこれまで、2018年に光と酸素を用いて作られたミッドソール「フォーディー(4D)」や、2019年に100%リサイクル可能なランニングシューズ「フューチャークラフト.ループ(FUTURECRAFT.LOOP)」を発表してきた。今回発表したフューチャークラフト ストラングは、製作期間に4年かけたというテキスタイル技術ストラングを初めて採用。フォーディーと同様に、「より少ない素材でパフォーマンスを向上させるシューズを製作する」という考えからアスリートと共同で開発し、一本一本の糸をアスリートのデータを活用したマッピングによって配置した。

 ストラングではアディダス独自のアスリートインテリジェンスエンジンを用いて、走り方などランナーそれぞれのパフォーマンスのデータを分析。負荷のかかる箇所の補強や、足の運動のサポートといった微調整を行うことができ、ランナーそれぞれに合わせたシューズが製作できる。また、足の解剖学に基づいて数千本の高精度な糸を組み合わせることで高い屈曲性と柔軟性、通気性、快適性を発揮する。フューチャークラフト ストラングはミッドソールにフォーディーを採用したことで、より素材や層の無駄を省き、サステナブルな製造方法を可能にした。

 フューチャークラフトを手掛けるアディダスのフューチャーチームによると同シューズは「まだ学習中で実験段階」だといい、顧客一人一人へのカスタマイズもシステム上可能だそうだが、まずは量産体制を整えることに注力するという。

1

Image by: アディダス

2
3
4
5
6
7
8

ADVERTISING

SHORT VIDEO

ショートビデオ

LATEST RELATED ARTICLES

最新の関連記事

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

関西地区店舗 セールスコンサルタント

BALLY

関西地区店舗 セールスコンサルタント

年収

300万 〜 450万

詳細を見る

ジャーナル

「営業志望の自分がなぜ?」から始まったHRとしてのキャリア ― ビジネスにフォーカスした人事・...

「営業志望の自分がなぜ?」から始まったHRとしてのキャリア ― ビジネスにフォーカスした人事・...

記事を読む

求人

店舗スタッフ

CRAFSTO

店舗スタッフ

年収

240万 〜 499万

詳細を見る

ジャーナル

PUMAが「GLOBAL TOP EMPLOYER IN 2023」を受賞

PUMAが「GLOBAL TOP EMPLOYER IN 2023」を受賞

記事を読む

ジャーナル

医療用ガウンを10万着生産! 職人やデザイナーなど未来のクリエイター発掘も手掛けるベンチャー企...

医療用ガウンを10万着生産! 職人やデザイナーなど未来のクリエイター発掘も手掛けるベンチャー企...

記事を読む

ジャーナル

ホスピタリティ業界にイノベーションを。日本の観光価値を高める新たな挑戦

ホスピタリティ業界にイノベーションを。日本の観光価値を高める新たな挑戦

記事を読む

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント