コンデナスト公式サイトより
コンデナスト公式サイトより

World

アナ・ウィンターがグローバルコンテンツの最高責任者に、コンデナストが発表

 コンデナスト(Condé Nast)がグローバルコンテンツにおける新たなリーダーシップ体制を発表し、アナ・ウィンター(Anna Wintour)が同社のコンテンツの最高責任者であるワールドワイド チーフ コンテンツ オフィサーとグローバル エディトリアル ディレクターに就任したことを発表した。

関連記事
コンデナスト、アナ・ウィンター編集長辞任の噂を否定

コンデナスト公式サイトより
コンデナスト公式サイトより
— ADの後に記事が続きます —

 アナは現在、米版ヴォーグの編集長および米コンデナストのアートディレクターを兼任。新たな役職に就任後も同職は継続するという。

 このほかの新人事として、イギリス版ヴォーグの編集長を務めるエドワード・エニンフル(Edward Enninful)は、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなどヨーロッパ地域の編集長に就任。イタリア版「ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)」編集長のシモーネ・マルケッティ(Simone Marchetti)は、フランス、イタリア、スペインのヨーロッパ地域におけるヴァニティ・フェアの編集長を務める。また、コンデナストは2021年の早い段階でエイミー・アストリー(Amy Astley)が「アーキテクチュラル・ダイジェスト(Architectual Digest)」のグローバル編集長、ディビア・ターニ(Divia Thani)が「コンデナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)」のグローバル編集長、ウィル・ウェルチ(Will Welch)が「GQ」のグローバル編集長にそれぞれ就くことを発表した。

こちらもチェック
米「ハーパーズ バザー」153年の歴史で初の黒人編集長が誕生、元エルのサミラ・ナスルが就任

VOGUE JAPAN (ヴォーグジャパン) 2021年 1月号
著: Condé Nast Japan (コンデナスト・ジャパン)
編集: VOGUE JAPAN編集部
メーカー: コンデナストジャパン
発売日: 2020/11/27
価格: ¥611(2020/12/16現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング