メインヴィジュアル
メインヴィジュアル
Image by: ビームス

Fashion

ビームスが飲食店支援プロジェクト発足、グラフィックTシャツを発売

メインヴィジュアル Image by ビームス
メインヴィジュアル
Image by: ビームス

 「ビームス(BEAMS)」が、飲食店を支援するプロジェクト「飲食店応援PROJECT」を開始した。芸人のカラテカ 矢部太郎や、イラストレーターの白根ゆたんぽら6組のアーティストがデザインしたTシャツを販売し、売り上げの一部を対象店舗へ寄付する。受注販売で展開し、公式オンラインサイトで2月21日まで注文を受け付けている。

— ADの後に記事が続きます —

 同プロジェクトは、東京、札幌、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡の8都市のビームススタッフによる「新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける飲食店を応援したい」という想いから発足。プロジェクトに賛同した矢部太郎や、白根ゆたんぽ、一乗ひかる、小山ゆうじろう、SETO、YUNOSUKEのオリジナルイラストをあしらった。

 対象店舗は原宿のONDENとALA、渋谷の長崎飯店と中華麺店喜楽、新宿のNIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILLと大衆酒場まこと、恵比寿のTHE PIG&THE LADY、札幌の中華&日本酒バル ぼぶと大衆酒場開拓屋、静岡のぶどうの丘セノバと酒処まるちゃん、名古屋のSURIPUとFLOW lounge、大阪のBaccaiunとお食事処すゑひろ、神戸のTRATTORIA mocchiとウエダトリヤ、広島のむすびのむさしとなかまた、福岡のSabotenとTacos Stand。価格は税別4000円で、S〜XLの4サイズを展開している。

関連記事
新宿ゴールデン街の新看板をビームスがデザイン、本格焼酎3社とのコラボプロジェクトで公開

■ビームス:公式オンラインストア

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング