Image by: LOUIS VUITTON

Fashion

ルイ・ヴィトン、川久保玲が手掛けたバッグを7年ぶりに発売

Update:

【2021年3月1日追加】応募の詳細が公開された。購入方法は来店と配送で、来店では3月20日から28日にルイ・ヴィトン 銀座並木通り店で販売。一人一点までで、アンケート回答者の中から当選者には3月11日にLINEのメッセージが送られる。支払いはクレジットカードのオンライン決済のみ。

■LINE:応募ページ

Image by LOUIS VUITTON
Image by: LOUIS VUITTON

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、川久保玲がデザインしたトートバッグ「バッグ ウィズ ホールズ」を発売する。ルイ・ヴィトンの公式LINEアカウントを友だち追加し、3月1日から7日までの期間にアンケートに回答した人の中から抽選で販売。応募の詳細は3月1日に発表される。

ルイ・ヴィトン 並木通り 銀座

関連記事
「ルイ・ヴィトン」銀座並木通り店がオープン、大阪に続きカフェ併設

— ADの後に記事が続きます —

 バッグ ウィズ ホールズは、2014年にメゾンを象徴する「モノグラム」に6人のアーティストが独自の解釈を加えたコラボレーションプロジェクト「アイコンとアイコノクラスト:Celebrating Monogram」で初めて登場。プロジェクトには川久保をはじめ、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)やクリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)、シンディ・シャーマン(Cindy Sherman)、マーク・ニューソン(Marc Newson)、フランク・ゲーリー(Frank Gehry)が参加した。

 今回発売するバッグは、3月20日に銀座並木通り店がオープンすることを記念したもので、川久保がルイ・ヴィトンのバッグを手掛けるのは7年ぶりとなる。7年前に川久保が手掛けた断ち切りの穴を開けたトートバッグのデザインを生かしながら、しなやかなブラックのグレインカウハイドレザーで製作した。エンボス加工でモノグラム・パターンを施し、内側には取り外し可能なポーチが付属。オリジナルのMMサイズ(51万円)と、ストラップ付きでクロスボディバッグとしても使用できる小ぶりなPMサイズ(46万8000円/いずれも税別予定価格)の2型を展開する。

 なお、3月19日から原宿駅前の商業施設「ジング(jing)」で開催される展覧会「LOUIS VUITTON &」では、川久保にフォーカスした展示室を用意。新作バッグや2014年の「バッグ ウィズ ホールズ」に加えて、これまでに製作したコラボアイテムの展示を予定している。

ルイ・ヴィトン 展覧会

「LOUIS VUITTON &」の詳細はこちら
ルイ・ヴィトンの展覧会が原宿に、川久保玲や草間彌生とのコラボを紹介

■ルイ・ヴィトン:LINEアカウント

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング