ADVERTISING

ニューヨークを拠点に活動するアーティストZoë Buckmanのオンラインエキシビションが開催

Top Photo:Zoë Buckman, how many bodies have been swallowed by banter?, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London Top Photo:Zoë Buckman, her head meets her wall, 2020, Photo: Todd White, courtesy the artist and

Top Photo:Zoë Buckman, how many bodies have been swallowed by banter?, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London Top Photo:Zoë Buckman, her head meets her wall, 2020, Photo: Todd White, courtesy the artist and

ニューヨークを拠点に活動するアーティストZoë Buckmanのオンラインエキシビションが開催

Top Photo:Zoë Buckman, how many bodies have been swallowed by banter?, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London Top Photo:Zoë Buckman, her head meets her wall, 2020, Photo: Todd White, courtesy the artist and

「Lula JAPAN(ルラ シャパン)」のウェブサイト
Lula JAPAN

ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動するアーティスト Zoë Buckmanのオンラインエキシビション「NOMI」が、ロンドンに位置するPippy Houldsworth Galleryのウェブサイトにて3月13日(土)まで開催中。

Zoe Buckman, kissing my teeth, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoe Buckman, kissing my teeth, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

ADVERTISING

Zoë Buckman, her head meets her wall, 2020, Photo: Todd White, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, Reality's Form, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, Reality's Form, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, NOMI, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

1985年にロンドンで生まれ、現在はブルックリンをベースに彫刻やテキスタイル、セラミック、写真、大規模なパブリックインスタレーションなどを組み込んだ学際的な実践を行うZoë Buckman。

フェミニストのアプローチを明示的に採用し、自身のアイデンティティーやトラウマを探る彼女の作品は、個人的で内省的でありながら常に鑑賞者に直接関わり、関係性や癒しの場を作ることができるように導いてくれる。

Zoë Buckman, how many bodies have been swallowed by banter?, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, how many bodies have been swallowed by banter?, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, Mama Radha Sally and me, 2020, Photo: Todd White, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, Mama Radha Sally and me, 2020, Photo: Todd White, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, Familial Filth, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, Familial Filth, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

ロンドンのギャラリーでは初のソロプレゼンテーションとなる今展では、悲しみとトラウマをきっかけに生み出されながら、そうした人生の暗い側面への解毒剤となるような、愛と喜びの宣言を込めた一連の作品を展示・販売。

Buckmanが自身の分身として生み出した蛇であり、創造性や回復力を象徴する「NOMI」のモチーフを軸に、2020年の制限された生活下で喚起されたという家父長制の力に抑制されてきた時代の思い出から、再び自由や喜びを取り戻すことを表現した。

Zoë Buckman, time turned chains into rust, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, time turned chains into rust, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, through the cradle, 2021, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

Zoë Buckman, through the cradle, 2021, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London

エレガントな組み合わせが覆す、強さと弱さの先入観。
美しく紡がれたBuckmanの作品が、内在する揺るぎない力に気づかせてくれる。



【Zoë Buckman: NOMI】
DATE:3月13日(土)まで開催中
WEBSITE:www.houldsworth.co.uk/viewing-room/25-zoe-buckman-nomi

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

VMD担当

TOYODA TRADING CO.LTD.

VMD担当

月給

35万 〜 45万

詳細を見る

ジャーナル

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

カルチャーシーンに革新をもたらし、躍進を続ける「Spotify」。その広告メディアとしての魅力...

記事を読む

求人

販売職

LARDINI

販売職

月給

24万 〜 30万

詳細を見る

ジャーナル

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

新生Chloé(クロエ)に注目集まる!ブランドの歴史や求人を紹介

記事を読む

ジャーナル

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

真のサステナビリティへと導く「Shift C」「UPDATER TRACKs」。誕生の背景と目...

記事を読む

ジャーナル

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

約200年間ファッショニスタに支持され続ける理由とは。「Clarks」が紡ぎ続けるブランド価値

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

コラボ

【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

IROHA GRAND HOTEL 【いろはグランホテル松本駅前】コラボパートナーになってホテル...

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

Top Photo:Zoë Buckman, how many bodies have been swallowed by banter?, 2020, Photo: Jason Mandella, courtesy the artist and Pippy Houldsworth Gallery, London Top Photo:Zoë Buckman, her head meets her wall, 2020, Photo: Todd White, courtesy the artist and

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント