Image by: 青山商事

Fashion

青山商事が首枕として使えるジャケット発売、今年は前年比5倍の商品数を展開

Image by 青山商事
Image by: 青山商事

 青山商事が、首枕として使える「ネックピロージャケット」を4月8日に発売する。新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワークの普及によって、オンライン会議用のジャケット需要や、休憩中のリラックスグッズ需要の両方に応えた商品として注目を集めており、今年は前年比で5倍の数量となる2万5000着を用意。価格は税込1万3200円で、「洋服の青山」および公式オンラインストアで取り扱う。

— ADの後に記事が続きます —

 同アイテムは、出張や外出先での便利アイテムとして2018年に発売。裏地に取り付けた専用袋にジャケットを収納することで、ネックピローとして使うことができる。表生地には、東レと共同開発した生地「ブリーズクールPT」を採用。優れた遮熱効果と通気性を備え、衣服内の温度上昇を抑制することで、屋外でも快適な着心地を実現した。同じ生地を用いたパンツ(税込8600円)も用意し、セットアップとして着用できる。ネイビーとグレーの2色を展開する。

洋服の青山 ロゴ

関連記事
青山商事が400店舗の売場面積を縮小へ、余剰スペースにシェアオフィスやコンビニを展開

■取扱店舗:洋服の青山 全店/洋服の青山オンラインストア

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング