内装イメージ
内装イメージ
Image by: そごう・西武

Fashion

西武渋谷店に百貨店初のOMOストア「チューズベース シブヤ」がオープン D2Cブランドを紹介

Update:

【2021年8月4日続報】オープン日が9月2日(木)に決定。初回は「タイムリミット」をテーマに売り場を編集し、サステナビリティへの取り組みを実施しているブランドが出店する。

内装イメージ Image by そごう・西武
内装イメージ
Image by: そごう・西武

 店頭とECで顧客や商品、在庫情報を統一したOMOストア「チューズベース シブヤ(CHOOSEBASE SHIBUYA)」が、現在改装中の西武渋谷店のパーキング館1階にオープンする。百貨店業界でOMOストアを出店するのはそごう・西武が今回が初めて。「メディア型OMOストア」を打ち出し、D2Cブランドとの協業でサービスを提供する。オープン時期は今年9月を予定。

— ADの後に記事が続きます —

 チューズベース シブヤの売り場面積は約700平方メートル。ミレニアル世代とZ世代をメインターゲットに設定し、衣料品や雑貨、インテリア用品、化粧品などを取り扱う。「いつ来ても新しい出会いと学びのある体験の創出」を目指し、テーマに基づき商品の入れ替えを定期的に行うという。出店ブランドは、パーソナライズスムージーサービスを展開する「テーラードスタンド(TAILORED STAND)」や、FABRIC TOKYOの新業態となるウィメンズのカスタムオーダーウェアに特化した「インセイン(INSEIN)」など約30ブランドを予定している。

 店舗では店内専用WEBカタログを配布し、スマートフォンからお気に入り登録や購入ができる。決済は完全キャッシュレス化し、ニーズに合わせて持ち帰りや自宅配送など多様な受け渡し手段を用意する。

 新たに立ち上げるECサイトでは、展示品など一部の商品を除いて店頭と在庫情報を完全に一元化し、店頭で販売するすべての商品を取り扱う。

 出店者に対しては、販売商品のシステム登録と商品配送以外の業務を全て代行することで、実店舗の出店実績が少ないブランドでも簡単に出店できる仕組みを採用。AIカメラなど最先端のテクノロジーを活用し、テストマーケティングや商品企画、サービス改善のためのデータ提供も行うという。

そごう・西武 広告

あわせて読みたい
そごう・西武の正月広告がSNSで話題、レシートにコロナ禍の販売実績を公開

■チューズベース シブヤ
オープン日:2021年9月予定
場所:西武渋谷店パーキング館1階
住所:東京都渋谷区宇田川町21-1
面積:約700平方メートル

セブン&アイHLDGS.9兆円企業の秘密―世界最強オムニチャネルへの挑戦
著: 朝永 久見雄
メーカー: 日本経済新聞出版
価格: ¥1,760(2021/04/06現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング