Image by: LICHT

Art

川久保玲がデザインした椅子を展示、デザインギャラリーLICHTで企画展を開催

Image by LICHT
Image by: LICHT

 デザインギャラリーLICHTで、川久保玲がデザインした椅子が展示される。期間は5月29日から6月6日まで。川久保が家具のデザインを手掛けていた1983年から1993年までの約10年間の中で制作されたものの中から、ブリキを使用したシリーズの3脚を厳選。展示する椅子の一部は販売も予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 川久保が家具のデザインを始めたきっかけは、自身のブティックに設置するのに最適なものが見つからなかったからだという。ブティックの空間設計の延長として、椅子とテーブルをデザイン。その後10年の間に、40個ほどの家具を発表した。これらの家具は、パリ装飾美術館をはじめとした様々な美術館にパーマネントコレクションとして所蔵され、アートピースのひとつとして高い評価を得ている。

コム デ ギャルソン 2021-22年秋冬コレクション

関連記事
不協和音から静寂へ 「コム デ ギャルソン」21AWはモノクロームの世界

■川久保玲(COMME des GARÇONS)の椅子
会期:2021年5月29日(土)〜6月6日(日)
会場:LICHT 東京都目黒区青葉台3-18-10 2階
時間:13:00〜18:00
電話番号:03-6452-5840
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング