コム デ ギャルソン 2021-22年秋冬コレクション
コム デ ギャルソン 2021-22年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion注目コレクション

不協和音から静寂へ 「コム デ ギャルソン」21AWはモノクロームの世界

コム デ ギャルソン 2021-22年秋冬コレクション Image by FASHIONSNAP.COM
コム デ ギャルソン 2021-22年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」が、約40年ぶりに東京で新作を発表した先シーズンに続き、今回も東京の本社でフロアショーを開催した。2021-22年秋冬コレクションについて、川久保玲は「音や色から離れたい」という現在の心境に重ね「モノクロームの風景(Landscape of Shadow)」と題した。

— ADの後に記事が続きます —

前回のコレクションは
コム デ ギャルソン川久保玲「不協和音がエネルギーを生む」 約40年ぶりに東京で新作発表

 川久保玲の創作のテーマは、「不協和音」を奏でた先シーズンから一変。異なる要素の衝突によるエネルギーが起点となった前回とは正反対となる、モノクロームの静寂が描かれた。

■白と黒のみ、球体のフォルム

 打放しの床にパイプ椅子を並べたのみの、限りなくシンプルな会場設計。唯一の演出であるスモークの中から登場したファーストルックは、ボリュームのある素材で身体を包んだケープドレスに、高さのあるシルクハット。アンドロジナスな装いでショーが幕を開けた。

 白と黒のみで構成するコレクションは数年ぶり。色の無い世界で際立つのがシルエットで、重ねたり縛ったり、あらゆる手法によって生み出される不規則なボリュームは、2014年から続いている抽象的なアプローチ。今回は特に、球体のフォルムが目立つ。

 球体をナイフでスパッと切ったようなシェイプのスカート部分が特徴のドレスは、白と黒で対になっている。フロントスタイルはどこか近未来的だが、サイドのシルエットは中世のバッスルドレスのよう。ケープを被った厳かなムードのスタイルは修道服を連想させた。一方でドレスからタイツまで覆うレタリングは、書き殴ったような激しい文字が主張する。

■ナイキコラボの新作はスパイクシューズ

 足元で注目なのは「ナイキ(NIKE)」とのコラボシューズの新作。サッカーのスパイクがベースのヒール付きシューズで、クラシックな装いとハイスペックなスニーカーという対比は近年のギャルソンを象徴するスタイル。「サロモン(SALOMON)」とのコラボシューズではブーツタイプも登場した。

ナイキのコラボシューズ
ナイキのコラボシューズ
サロモンのコラボシューズ
サロモンのコラボシューズ

コラボ詳細
コム デ ギャルソン×ナイキ、新作はスパイクがベースのヒール付きスニーカー

■音や色から離れて

 「色々な音や色だとか、過剰な情報、そういうものから少し離れて、一息つきたい。静けさの中に落ち着きたいという気持ちです」。ショーの後のバックステージで川久保玲は、今の心境を言葉にしていた。あらゆる雑音や情報が渦巻く現代。多くのクリエイターがコロナという危機に直面して、本質的な部分に立ち返っている。黒はギャルソンの代名詞であり、色や雑念を排除した表現はピュアな印象だ。何かと対峙する反骨精神とは少し異なるベクトルで、内なる強さを静かに見つめ直しているようだった。

全ルックを見る
COMME des GARÇONS

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング