SEVENTIE TWO

美容室の「TAYA」が33店舗を閉鎖 2021年3月期は10億円の最終赤字

SEVENTIE TWO

ファッション&ビューティに特化したインターナショナルメディア

フォローする:

「TAYA」公式HPより
「TAYA」公式HPより
— ADの後に記事が続きます —

 美容室チェーン「TAYA」を展開する東証一部上場の田谷は4月28日、2021年3月期の通期決算を発表した。売上高は67億8500万円(前期は87億4600万円)、営業損益は12億6400万円の赤字(同3億8400万円の赤字)、当期純損益は10億1300万円の赤字(同3億8400万円の赤字)だった。新型コロナウイルスの感染拡大により、来店周期が伸び、さらに外出自粛などの影響で入客数が減少した。また、田谷は構造改革の一環として、経営効率が悪化している33店舗を閉鎖する。田谷は現在、全国に117店舗を展開しているが、そのうちの約3割の店舗を2022年3月までに閉める。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング