パリ エディンバラ オードゥ トワレット ©︎シャネル
パリ エディンバラ オードゥ トワレット ©︎シャネル

Beauty

シャネル「レ ゾードゥ シャネル」の新作、ユニセックス仕様の爽やかなウッディノート

パリ エディンバラ オードゥ トワレット ©︎シャネル
パリ エディンバラ オードゥ トワレット ©︎シャネル

 「シャネル(CHANEL)」が、フレグランス「レ ゾードゥ シャネル(LES EAUX DE CHANEL)」シリーズの新作「パリ エディンバラ オードゥ トワレット」を6月4日に発売する。容量は125mLで、価格は1万8700円。シャネル オンライン ブティックと一部店舗で取り扱う。

— ADの後に記事が続きます —

 レ ゾードゥ シャネルは、マドモアゼル・シャネルが愛した土地や場所にインスパイアされたコレクション。これまでに「パリ ビアリッツ」や「パリ ドーヴィル」、「パリ ヴェニス」、「パリ リヴィエラ」を発表した。

 シリーズ5番目の香りとなるパリ エディンバラ オードゥ トワレットは、ガブリエル・シャネルが恋愛関係にあったウェストミンスター公爵と過ごしたハイランド地方の情景に着想。緑豊かなカントリーサイドや白さが際立つ陽光などにインスピレーションを得たという。

 ジュニパーベリーやサイプレスの生き生きとした香りに、程よくラベンダーを加え、心地良さを演出するセダー、アクセントとしてベチバーを、ラストに温かみを添えるバニラやムスクを調香。シリーズの中で最も土の雰囲気を放つ、フレッシュでウッディなユニセックス仕様の香りに仕上げた。シャネルの4代目専属調香師オリヴィエ・ポルジュ(Olivier Polge)は、爽やかでありながら温かみのある香りに包み込まれるような新作について、「ガブリエル シャネルにとって大きなインスピレーション源になった、男性のワードローブから借りたツイードジャケットのようなフレグランスと言えるかもしれません」と説明している。

 このほか、2019年に数量限定で発売した「パリ リヴィエラ オードゥ トワレット」を復刻発売。今後は定番のラインナップに加わる。価格は50mLが1万2100円、125mLが1万8700円(いずれも税込)。

関連記事
【2021年夏コスメ】シャネル:夏の日差しや黄昏を表現、ジェルテクスチャーのファンデが限定復活

■シャネル:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング