senken plus

ファッション業界は今後どうなる?いま重要視すべき「未来のお客作り」

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

 5月半ばに自動車学校に入校案内を聞きに行く機会があった。コロナ下で、自分の自動車運転免許を更新する際に時間や手間がかかった記憶もあり、割と時間がかかるようになっているだろうとイメージしていたが、予想以上の状況で驚いた。

 20年から入学希望者がかなり増加しているそうだ。テレワークやオンライン授業などで生まれた空き時間を活用し、「自動車運転免許を取っておこう」という人が相当数いるという。感染予防対策を取りながら運営していることを差し引いても、免許取得希望者が確実に増えている様子だった。

 以前から若者の車離れが話題になり、意外に感じた一方で、ファッションは今後どうなるのだろう、と気になったことがある。安全性はもちろん、環境にやさしい技術を追求し続けることで、自動車の価格は高くなったが、自動車運転免許を取る若者が増えていることは自動車業界にとって明るい話だと思う。

 ファッション業界はコロナ禍で、企業の淘汰(とうた)や業績悪化が加速し、若者が明るい未来のイメージを抱きにくい状況だ。だが、コロナ下でもSNSを活用し、新たなファン作りを実らせるブランドもある。先が読みにくい時代だからこそ、先を見据えた行動が重要だと思った。

(畔)

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング