ファイントゥデイ資生堂 企業サイトより
ファイントゥデイ資生堂 企業サイトより

Business

資生堂が譲渡したパーソナルケア事業、新会社の名称が「ファイントゥデイ資生堂」に決定

ファイントゥデイ資生堂 企業サイトより
ファイントゥデイ資生堂 企業サイトより

 資生堂と、CVC キャピタル・パートナーズ(以下、CVC 社)が助言を行うファンドが共同持株会社を通じて出資する新会社名が、「株式会社ファイントゥデイ資生堂」に決定した。代表取締役社長兼CEOには小森哲郎氏が内定。7月1日から稼働する。

— ADの後に記事が続きます —

 資生堂は今年2月、「ツバキ(TSUBAKI)」「ウーノ(uno)」「専科」などのブランドを有するパーソナルケア事業譲渡に伴う会社分割を実施することを発表。ファイントゥデイ資生堂は、スキンケアやヘアケアなどのパーソナルケア商品のマーケティングおよび販売を行う企業で、ブランドの育成強化やグローバル展開、DX推進などのイノベーションを加速させる。

 小森氏は1984年にマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。これまでアスキー代表取締役社長CEOや、カネボウ(現クラシエホールディングス) 代表取締役CEO兼社長、ニッセンホールディングス社外取締役などを歴任し、様々な日本企業の業績回復や変革等を実現してきた。

資生堂 CVC

関連記事
資生堂がパーソナルケア事業を1600億円で売却、TSUBAKIやウーノ展開

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング