SEVENTIE TWO

「プラダを着た悪魔」のキャストがチャリティオークションを開催 特典はキャストと10分間のズーム通話

SEVENTIE TWO

ファッション&ビューティに特化したインターナショナルメディア

フォローする:

非営利組織ロリポップ・シアター・ネットワークの公式インスタグラム(@lollipoptheater)より
非営利組織ロリポップ・シアター・ネットワークの公式インスタグラム(@lollipoptheater)より
— ADの後に記事が続きます —

アメリカの小児患者に映画やエンターテインメントを提供している非営利組織ロリポップ・シアター・ネットワーク(Lollipop Theater Network)は、『プラダを着た悪魔』のキャストによるチャリティオークションの開催を発表した。作品のメインキャストであるメリル・ストリープ(Meryl Streep)、アン・ハサウェイ(Anne Hathaway)、エミリー・ブラント(Emily Blunt)、スタンリー・トゥッチ(Stanley Tucci)が一堂に会し、落札者はこの4名とZOOM上で10分間の会話を楽しむ権利を得る。

『プラダを着た悪魔』は2003年に刊行された小説で、2006年には映画化もされ、最も有名でアイコニックなファッション映画の1つとしても知られている作品。今回のチャリティは同作品の20周年を記念して実施される。現在は8,500ドル(93万6,000円*)の入札で止まっているが、オークションが開催されているウェブサイトCharitybuzzによると、最終落札額は約5万ドルまで上ると予想されている。オークションは8月3日に終了する。

*1ドル=110円(7月22日現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング