SEVENTIE TWO

2000年代のファッションがリバイバル カラフルでキャッチーな「Y2K」スタイルが再熱

SEVENTIE TWO

ファッション&ビューティに特化したインターナショナルメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

流行は20年程度の周期で廻っているという噂は本当なのかもしれない。これは一説によると流行を創造する側となった層が自分のティーン時代を思い返して作り出していくからだそうだ。さて、1990年代のストリートブームが再熱している今、お洒落上級者たちは早くも2000年代のファッションに注目している。2000年代のトレンドと言えば、ローライズのデニムにピチピチのTシャツや、レース付きキャミソールなどが思い浮かぶ。2000年代のファッションやカルチャーのことを指す「Y2K」という単語も今や主流になっている。これは「Year 2 Thoousand」の略語であり、インスタグラム上で♯Y2Kの投稿数が200万件を超え、主要の女性誌でも最近よくこの単語が取り上げられていることからも、注目度の高さがうかがえる。

ブームの火付け役は海外のユース層で、インスタグラムやピンタレスト、タンブラーなどのSNSを通じて世界中に広まっている。「Y2K」に夢中な若者達は、当時のファッションアイコンであったBritney Spears(ブリトニー・スピアーズ)やParis Hilton(パリス・ヒルトン)のキャッチーでド派手なスタイルを真似して楽しんでいる。おへそが見えるミニ丈のトップスが定番で、原色やパステルカラーをふんだんに使ったカラーリングや、ファンシーな柄のデザインが特徴的だ。アニマル柄やボーダーなどの柄物を取り入れたり、レイヤードスタイルを楽しんだりと、奇抜なコーディネートにも果敢に挑戦して着こなしている。他にもキッチュなアクセサリーやサングラスにミニバックを身につけるなど、小物にも手を抜かない。

若いエネルギーで満ちあふれた「Y2K」のトレンドは、最近暗くなりがちな社会に眩しい光を与えてくれる。シンプルでベーシックなコーディネートに飽きたら、「Y2K」のトレンドに乗っかってみるのも悪くないだろう。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング