Onのシューズ
Onのシューズ
Image by: FASHIONSNAP

Business

スイス発ブランド「オン」がIPO申請 2019年からはフェデラーも参画

Update:

【2021年9月16日続報】ニューヨーク現地時間9月15日に上場。同日の朝、オンの創業者たちと100人のランナーが、ハドソン川沿いをウォール街に向かって走り、ニューヨーク証券取引所のオープニングベルを鳴らした。

Onのシューズ Image by FASHIONSNAP
Onのシューズ
Image by: FASHIONSNAP

 スイスのパフォーマンスブランド「オン(On)」を展開するOn Holding AGが、8月23日付でニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場を申請した。証券コードは「ONON」。IPOでの資金調達額は1億ドル(約110億円)としている。ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、J.P.モルガンなどがIPOをリードする。

— ADの後に記事が続きます —

 オンは「ランニングを楽しくする」ことを目指し、2010年に設立。共同創業者であるデイビッド・アレマン、キャスパー・コペッティ、元トライアスロン選手のオリヴィエ・ベルンハルドのスイス人3人はランニングシューズの製作未経験ながら独自のクッショニングシステムを開発し、「クラウド(Cloud)」を中心にヒット作を生み出している。ミニマルなデザイン性から、「シューズ界のアップル」や「シューズ界のダイソン」とも評されており若手起業家などからの支持が高い。2019年からはテニスプレイヤーのロジャー・フェデラー(Roger Federer)が起業家としてチームに加入し、限定エディションスニーカー「THE ROGER Centre Court JP」を今月発売した。

 登録申請書「Form S-1」によると、2018年度から2020年度までの純売上高の年平均成長率は66%で、2020年度は4億2530万スイスフラン(約511億円)を計上。2021年度上半期(1〜6月)においても、前年同期比84.6%増の3億1550万スイスフラン(約379億円)と好業績を収めている。世界60ヶ国以上で展開している市場のうち、特にドイツや米国、日本、中国、ブラジルで急成長している。

関連記事
"シューズ界のアップル"「On」の魅力とは?ノウハウゼロから成長率1位のランニングブランドへ

東京スニーカー史 (立東舎)
著: 小澤 匡行
メーカー: リットーミュージック
発売日: 2016/04/20
価格: ¥1,400(2021/08/25現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング