「カシヤマ ダイカンヤマ」の外観
「カシヤマ ダイカンヤマ」の外観
Image by: FASHIONSNAP

Business

オンワードHDが「カシヤマ ダイカンヤマ」と港区海岸の自社ビルの信託受益権を譲渡 特別利益約120億円を計上へ

「カシヤマ ダイカンヤマ」の外観 Image by FASHIONSNAP
「カシヤマ ダイカンヤマ」の外観
Image by: FASHIONSNAP

 オンワードホールディングスが、代官山の商業施設「カシヤマ ダイカンヤマ(KASHIYAMA DAIKANYAMA)」と港区海岸の自社ビル「オンワードベイパークビルディング」の土地の信託受益権の譲渡を発表した。これにより、譲渡益の合計額約120億円を2022年2月期第2四半期の連結決算で特別利益として計上する予定。

— ADの後に記事が続きます —

 信託受益権の譲渡は資産の効率化を着実に進めるとともに、既存事業へのDX投資やM&Aなどの成長投資を加速するためとしている。代官山の土地の信託先はみずほ信託銀行(信託受益権譲渡先はFO)、港区海岸の土地の信託先はSMBC信託銀行(信託受益権譲渡先はヒューリック)。両物件ともに引渡日は8月31日を予定している。なお、信託受益権譲渡後も既存の商業施設および自社ビルは継続される。

オンワードホールディングス

昨年も固定資産を売却
オンワードHDが倉庫兼物流センターを売却、譲渡益は58億円

2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日
著: 福田 稔
メーカー: 東洋経済新報社
発売日: 2019/06/21
価格: ¥1,584(2021/08/30現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング