コムアイ
コムアイ

Culture

「水曜日のカンパネラ」ボーカルのコムアイが脱退、今後は個人名義で活動

コムアイ
コムアイ

 音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」が、主演・歌唱担当のコムアイが9月6日をもって脱退すると発表した。コムアイ脱退後の新しい主演・歌唱担当は詩羽が務める。9月6日21時からコムアイ、詩羽の2人のアカウントからインスタライブの配信を予定している。

関連記事
【インタビュー】ブレイク必至「水曜日のカンパネラ」とは?コムアイがレクチャー(2014年掲載)

— ADの後に記事が続きます —

 水曜日のカンパネラは2012年にデビュー。メンバーはコムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fの3人で、知り合いのホームパーティーに来ていたコムアイをDir.Fがスカウトしたことをきっかけに結成された。2016年にはEP「UMA」でメジャーデビュー。ライブツアーや音楽フェスで国内外をまわり、2017年には初の武道館公演を果たした。2018年のオリジナルアルバム「ガラパゴス」以降は、水曜日のカンパネラとしての楽曲は発表されていなかった。

 コムアイは脱退の経緯について「特別にきっかけがあったわけではないのですが、3年くらい前から、このプロジェクトで私が活動を続けていくのが想像できなくなりました。自分の興味が広がり、もっと自由になりたかったんです。それまでも、随分自由にさせてもらっていたけれど、これ以上、私の興味にケンモチさんやDir.Fを振り回したり、歩み寄ってもらうのではなく、水曜日のカンパネラの重心をもっと2人の方へ戻すべきだと考えるようになりました。びっくりさせてしまったけれど、時間をかけてチームの皆さんにも理解していただきました」と説明。コムアイは現在、音楽活動の他にもファッションやアート、カルチャー、社会課題に対するプロジェクトなど幅広い分野に取り組んでおり、今後は個人名義で活動していくという。

 詩羽は2001年東京都出身。高校卒業後、ストリートスナップなど個人でのモデル活動を行い、「音楽と言葉と時間と私」をテーマにインスタグラム上で詩や写真を投稿。「ミスiD2021」ではアメイジング ミスiD2021および赤澤える賞を受賞した。知人の紹介から面談を受け、水曜日のカンパネラの2代目主演・歌唱担当として加入が決まったという。

■水曜日のカンパネラ:公式サイト

コムアイ Instagram詩羽 Instagram

私を鬼ヶ島に連れてって
アーティスト: 水曜日のカンパネラ
メーカー: (unknown)
価格: ¥2,490(2021/09/03現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング