「ケリング」ホームページより
「ケリング」ホームページより

Fashion

ケリングが全ブランドで毛皮の使用停止へ、2022年フォールコレクション以降

「ケリング」ホームページより
「ケリング」ホームページより

 ケリングが、2022年フォールコレクション以降、同グループのすべてのブランドにおいて毛皮の使用を停止すると発表した。

カナダグース アウター

関連記事
「カナダグース」長年の批判を受けていた毛皮の使用 2022年末までに停止へ

— ADの後に記事が続きます —

 ケリングでは2017年のグッチを皮切りに、同グループ傘下の「バレンシアガ(BALENCIAGA)」、 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」などのブランドが毛皮の使用を停止することを発表。2019年には動物の繊維や素材に関して、動物福祉スタンダード(Animal Welfare Standards)を正式に策定した。ケリングのフランソワ=アンリ・ピノー会長兼CEOは「動物福祉に関して、当グループは自社のサプライチェーンおよびラグジュアリー業界全体の慣行を改善する意欲を常に示してきました。この度、私たちのすべてのコレクションで毛皮の使用を中止し、さらなる一歩を踏み出す時が来ました。世界はお客様とともに変化しており、ラグジュアリーも当然それに適応させていく必要があります」とコメントしている。

関連記事
シャネルがエキゾチックレザーの使用廃止を発表

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング