Technology

ナイキが独自のメタバース空間を開設、アバターはエア フォース 1の着用が可能

ロブロックスに開設した「NIKELAND」 Image by ナイキ
ロブロックスに開設した「NIKELAND」
Image by: ナイキ

 「ナイキ(NIKE)」が、マルチプレイヤーによるオンラインゲームのプラットフォーム「ロブロックス(Roblox)」にメタバース空間「NIKELAND」を開設した。ロブロックスでは、ゲームの作成や他のプレイヤーが制作したゲームを体験することができる。

ピクシブ アバターウェア VRoid

関連記事
購買層は10代が中心、バーチャルファッションにアパレル企業が続々参入 トレンドは現実世界とリンク

— ADの後に記事が続きます —

 NIKELANDは、ナイキの本社から着想を得てデザイン。鬼ごっこやドッジボール、「ザ・フロア イズ ラバ(床が溶岩だ)」といったさまざまなゲームを提供しており、ロブロックスのツールキットでミニゲームを自作することもできる。デジタルショールームでは、エア フォース 1(Air Force 1)やブレーザー(Blazer)など自身のアバターが着用できるナイキのアイテムを用意。このほかモバイル機器に内蔵された加速度センサーを使用することで、走り幅跳びなどのオフラインの動きをオンラインのプレーに反映できるという。

アンリアレイジ 森永邦彦 細田守 トークイベント DOOR

関連記事
アンリアレイジ森永邦彦と細田守によるトークイベント、仮想空間「DOOR」で開催

■ロブロックス:NIKELAND

未来ビジネス図解 仮想空間とVR
著: 株式会社往来
メーカー: エムディエヌコーポレーション(MdN)
発売日: 2021/03/25
価格: ¥1,881(2021/11/25現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング