エルザ・スキャパレッリ《イヴニング・ケープ》1938年、 京都服飾文化研究財団蔵、 広川泰士撮影
エルザ・スキャパレッリ《イヴニング・ケープ》1938年、 京都服飾文化研究財団蔵、 広川泰士撮影

Art

「奇想のモード」展が東京都庭園美術館で開催、マルタン・マルジェラらの作品を展示

エルザ・スキャパレッリ《イヴニング・ケープ》1938年、 京都服飾文化研究財団蔵、 広川泰士撮影
エルザ・スキャパレッリ《イヴニング・ケープ》1938年、 京都服飾文化研究財団蔵、 広川泰士撮影

 展覧会「奇想のモード 装うことへの狂気、 またはシュルレアリスム」が、東京都庭園美術館で開催される。期間は1月15日から4月10日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 同展は現代からみた「奇想」をテーマに、全9章で構成する。シュルレアリスムがモードに与えた影響を一つの視座として、16世紀の歴史的なファッションプレートからコンテンポラリーアートまでを展示。エルザ・スキャパレッリ(Elsa Schiaparelli)やマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)、マン・レイ(Man Ray)らの作品が披露される。

池内啓人 個展 「IKEUCHI HIROTO EXHIBITION」

関連記事
バレンシアガに作品を提供、造形作家の池内啓人がレイヤード ミヤシタパーク内のアートスペースで個展開催

■「奇想のモード 装うことへの狂気、 またはシュルレアリスム」
会期:2022年1月15日(土)~4月10日(日)
会場:東京都庭園美術館 
開館時間:10:00〜18:00 
休館日: 毎週月曜日 
※入館は閉館の30分前まで
※3月21日(月)は開館、 3月22日(火)は休館

シュルレアリスムとは何か (ちくま学芸文庫)
著: 巖谷 國士
メーカー: 筑摩書房
価格: ¥1,320(2022/01/06現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング