上土橋勇樹《タイトル不明》2020年、やまなみ工房
上土橋勇樹《タイトル不明》2020年、やまなみ工房

Art

自由なアート「アール・ブリュット」に焦点を当てる企画展が滋賀県立美術館で開催、17人の作品を展示

 既成の表現にとらわれず自由に製作したアート「アール・ブリュット」に焦点を当てる企画展「人間の才能 生みだすことと生きること」が、滋賀県立美術館で開催される。会期は1月22日から3月27日まで。企画は美術館館長の保坂健二朗が担当し、独自の方法論で生み出された作品を紹介する。

上土橋勇樹《タイトル不明》2020年、やまなみ工房
上土橋勇樹《タイトル不明》2020年、やまなみ工房
— ADの後に記事が続きます —

 企画展では、アール・ブリュットの定義を紹介した上で、美術教育を受けていない人による自由な表現「アウトサイダー・アート」との違いを説明。2014年に「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」がイギリスのアール・ブリュット専門誌「RAW VISION」を紹介した事例を挙げ、アール・ブリュットの作品が世の中に認知されてきた歴史を振り返る。また、紙を細かく切り、繊細な立体アートを制作する藤岡祐機ら17人の作品を展示し、アール・ブリュットとは何なのかを考えると同時に、人はなぜものを創るのかという「人間の創造の根源」に迫る。

 観覧料は一般が1300円、高校生・大学生が900円、小学生・中学生が700円で、20人以上の団体では割引が適用される。

蜷川実花 企画展

関連記事
蜷川実花による北陸最大級の企画展が富山美術館で開催、「桜」など代表作を展示

■企画展「人間の才能 生みだすことと生きること」
場所:滋賀県立美術館 展示室3
会期:2022年1月22日(土)〜3月27日(日)
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日

美術の物語
著: エルンスト・H・ゴンブリッチ
その他: 田中正之
翻訳: 天野衛、大西広、奥野皐、桐山宣雄、長谷川宏、長谷川摂子、林道郎、宮腰直人
ブランド: 河出書房新社
メーカー: 河出書房新社
発売日: 2019/07/10
価格: ¥9,350(2022/01/04現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング