(左から)ゴールドウイン渡辺貴生代表、スパイバーの関山和秀代表
Video by: FASHIONSNAP

Fashion

ゴールドウインがスパイバーと開発したデニム商品を披露 循環社会を目指す新プロジェクト「Goldwin 0」で展開

 ゴールドウインが、環境に配慮した新プロジェクト「Goldwin 0」の詳細を発表した。「循環」を前提としたビジネスモデルやプロダクトを模索する実験的プラットフォームと位置付け、スパイバー(Spiber)の人工タンパク質「ブリュード・プロテイン素材」を使用するなどサステナブルなアイテムなどを打ち出す。

(左から)ゴールドウイン渡辺貴生代表、スパイバーの関山和秀代表 Image by FASHIONSNAP
(左から)ゴールドウイン渡辺貴生代表、スパイバーの関山和秀代表
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 Goldwin 0ではゴールドウインの新たな中期経営計画「PLAY EARTH 2030」に基づき、これまでスポーツアパレルを得意としてきた同社がカテゴリーやレーベル、国境を超えて機能的な衣服を開発。キーワードに「Circulation(循環)」「Borderless(無境界)」「Co-Creation(共創)」を掲げ、スポーツシーンだけではなくデイリーウェアとしても着られるシームレスなデザインを提案する。デザインでは「ルメール(LEMAIRE)」などでニットを中心にデザインを手掛けてきたジュリア・ロドヴィッチと、デジタル上でのアパレルデザイン開発を得意とするジャン=リュック・アンブリッジを招へいし、アーティストも交えたブランドチームで運営していく。

 2022年秋冬シーズンに展開するファーストコレクションは、約20型をラインナップ。発表会では一部のアイテムが披露された。スキーウェアをルーツに持つゴールドウインのアーカイブからインスパイアされたニットやセカンドスキンが揃い、いずれも地球環境に配慮した素材を取り入れられた。

 ブリュード・プロテイン素材を使ったアイテムではデニムやフリースを開発し、デニムのセットアップやスキーウェアにも使えるテクニカル素材のセットアップ、フリースのトップスを合わせた全5型を展開。テクニカル素材のセットアップは無染色で、素材そのままの色を採用している。ゴールドウインの渡辺貴生社長は「満足できるレベルにきている。アウターは素晴らしい出来」と称賛した。スパイバーとは今後、ファーなどの素材開発を進めていく予定だという。

 価格は「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」など同社が展開するブランドと同程度を予定。ジャケットは15万円程度を想定しているという。ゴールドウインの直営店やオンラインストアのほか、専門店などへの卸売も計画する。

過去のスパイバーとの共同開発アイテム
ゴールドウインとスパイバー協業の新作アイテム、構造タンパク質素材を使ったニットを発売

 発表会で同プロジェクトについて「目先の利益ではなく企業のスタンスを示す」と語った渡辺社長。最後に「スポーツウェア事業をやってきたが、それに限らず新しい未来をデザインする会社になり、社会から共感される存在を目指していきたい」と展望を示した。

関連記事
ゴールドウインとスパイバーによるクモの糸を使った「ムーン・パーカ」発売日決定、価格は15万円

Spiber 関山和秀代表

関連記事
【トップに聞く 2022】スパイバー関山和秀代表 人工クモ糸の開発からヒントを得た「ブリュード・プロテイン素材」の可能性

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング