The Sweaterイメージヴィジュアル
The Sweaterイメージヴィジュアル
Image by: ゴールドウイン

Fashion

ゴールドウインとスパイバー協業の新作アイテム、構造タンパク質素材を使ったニットを発売

The Sweaterイメージヴィジュアル Image by ゴールドウイン
The Sweaterイメージヴィジュアル
Image by: ゴールドウイン

 ゴールドウインと、人工合成クモ糸繊維の開発で知られるバイオベンチャー企業のスパイバー(Spiber)が、構造タンパク質素材「ブリュード・プロテイン(Brewed Protein™)」を使った製品の第3弾「The Sweater」を発表した。11月10日の今日から特設サイトで抽選販売を受け付けている。

 新作では、シンプルなブラックのセーターを販売。素材は毛素材が70%、ブリュード・プロテインが30%で、サイズはS〜Lの3サイズを展開している。価格は税込8万8000円。

 両社はこれまでに、ブリュード・プロテインを使用したTシャツ「プラネタリー・エクイリブリアム ティー(Planetary Equilibrium Tee)」や、アウトドアジャケット「ムーン・パーカ(MOON PARKA)」を開発。数量限定で販売していたが、いずれも予定数を大幅に上回る注文を受けたという。

関連記事
スパイバーがアメリカに原料の量産工場を建設へ、米穀物会社から59億円を調達

■問い合わせ先
ゴールドウインカスタマーサービスセンター:0120-307-560
特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング