MELSA Ginza-2の外観
MELSA Ginza-2の外観
Image by: メルサ

Fashion

メルサ銀座2丁目店が8月末で閉店、1971年から51年間にわたり営業

 メルサが運営する商業施設「MELSA Ginza-2(メルサ銀座2丁目店)」が、8月末に閉店する。1971年にフランスのギャルリ・ラファイエット百貨店と提携し、日本で初めて海外高級ブランドを集積させた店舗としてオープン。51年にわたり営業を続けてきた。

MELSA Ginza-2の外観 Image by メルサ
MELSA Ginza-2の外観
Image by: メルサ
— ADの後に記事が続きます —

 同店は、名鉄グループにおいて1967年6月に名古屋駅前にオープンした「メルサ駅前店」に次ぐ2号店となる「東京メルサ」としてオープン。51年間の長きにわたり親しまれてきたが、建物オーナーとの賃貸借契約が終了したことに加え、銀座の街における同館の役割が変わってきたことや、コロナによる影響の長期化などを踏まえ、営業終了に至ったという。6月1日からは「51年間ありがとう MELSA Ginza-2 ご愛顧感謝セール」の実施を予定。なお、銀座エリアの「イグジットメルサ(EXITMELSA)」は引き続き営業を続ける。

会社のトップページ

関連記事
丸の内ロフトが閉店、丸ビル4階に入居

■メルサ銀座二丁目店 施設概要
住所:東京都中央区銀座2-7-18
最終営業日:2022年8月31日
開店日:1971年10月5日
売場面積:901坪
延床面積:1430坪
店舗数:38店舗

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング