senken plus

ヴァージル・アブロー追悼展、フォンダシオン・ルイ・ヴィトンで開催

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

「カミング・オブ・エイジ」のオリジナルをスケールアップして展示
「カミング・オブ・エイジ」のオリジナルをスケールアップして展示
— ADの後に記事が続きます —

 「ルイ・ヴィトン」メンズのアーティスティックディレクターだったヴァージル・アブローさんを追悼する展覧会「カミング・オブ・エイジ」が、パリ・フォンダシオン・ルイ・ヴィトン(FLV)で開催された。

 カミング・オブ・エイジは19年、アブローさんのキュレーションで米ロサンゼルスのリトル・ビッグマン・ギャラリーで初めて開かれ、ニューヨーク、東京、ミラノをはじめとする大都市を巡回し、成功を収めた。アブローさんが選んだ、写真家20人による様々な社会における子供たちや若者たちを被写体にした作品を中心に構成されている。

 FLVではその建築と環境を利用し、オリジナルをスケールアップした追悼展にした。アーティスト、写真家、ミュージシャンのごとく来場者が展覧会を創る一人となれるようインタラクティブに発展させ、野外にはコンサートのステージのように巨大な写真を芝生にインスタレーションしフェスティバル会場のようにした。夢を民主化させたアブローさんへオマージュを捧げる若者たちで最終日まで連日長蛇の列の展覧会だった。

展覧会「カミング・オブ・エイジ」
展覧会「カミング・オブ・エイジ」

(パリ=松井孝予通信員)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング