btrax

サンフランシスコで働くデザイナーが語る、デザインにまつわる3つの日米差

btrax

サンフランシスコ発デザイン会社の公式ブログ

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

弊社では、コロナになって以降オンラインでイベントを行なってきたが、先日、サンフランシスコで2年ぶりに対面イベントを実施することができた。

btraxサンフランシスコオフィスで行われたイベントの様子。
btraxサンフランシスコオフィスで行われたイベントの様子。

イベントのテーマは“Designing for Japan: Different Perspectives”

1時間半のイベントでは4つのセッションをオムニバス形式で実施した。

今回はイベントの前半部分のセッションのテーマであった「デザインにまつわる日米差」の内容を3つのトピックに分けてお届けする。

アメリカから日本の会社とビジネスを行う経営者としての視点、そして、日本のクライアントと共に働くアメリカのデザイナーの視点ならではのデザインにまつわる考察をご紹介する。

  1. 日米のデザインの捉えられ方の違い
  2. 日米のクライアントとデザイン会社の関わり方の違い
  3. 日米のデザインのアウトプットの違い

1. 日米のデザインの捉えられ方の違い

シフトしつつあるデザインの考え方

「デザイン」とは元来、クライアントがデザイナーに依頼してデザイナーが依頼されたものの通りに作る作業のことを指していた。とても単純で明快だ。

しかしこの10年くらいで、デザインとはビジネス、テクノロジー等、あらゆる領域での「顧客の課題解決」の手段の一つとなった。

デザイナーは「依頼されたものを作る人」から「課題解決のための戦略を考える人」という、広義の言葉に変化した。

それに伴って、ユーザー視点でヒットする商品やサービスを作り出すための、「デザイン思考」と呼ばれる考え方が浸透した。

変化しきったアメリカ、発展途上の日本
デザインの捉えられ方の変遷(イベントスライドより抜粋)
デザインの捉えられ方の変遷(イベントスライドより抜粋)

日本でももちろんデザイン思考は主流の考え方になりつつある。しかし、アメリカと比べると、日本はまだまだデザインの考え方が「依頼型」で止まってしまっているケースが多い。

それにはいくつもの要因が絡み合っているのだが、今回はその理由として、2つの要因を取り上げる。

日米のビジネスのスケールの方法の違い
日米のビジネスのスケールの方法の違い(イベント資料より抜粋)
日米のビジネスのスケールの方法の違い(イベント資料より抜粋)

日米のデザインに対する考え方が異なる理由の1つとして、ビジネスのスケール方法が挙げられる。

一言で言うと、アメリカは優れたユーザー体験やブランドストーリーで売り込むのが主流であるのに対して、日本は営業で売り込むのが主流だ。

なぜアメリカがユーザー体験やブランドストーリーにこだわるのかというと、アメリカは国土が広すぎて、足で稼ぐ営業の難易度が日本よりも極めて高いからである。

アメリカ国内でも時差があるアメリカ。「車で4時間」は、日本人にとっては長旅に感じられるだろうが、アメリカ人にとっては日常茶飯事。

しかし、だからといって長時間の移動を伴う営業活動ができるかというと、それは現実的ではない。

では、どのようにして顧客やユーザーを集めれば良いのか?その答えが、プロダクトの使いごこち(ユーザー体験)の質、ブランドストーリー、マーケティングである。

ゆえに、営業で解決するのではなく、プロダクトを作る段階からユーザーのニーズに沿った、課題解決を目的としたデザインをし、ブランドストーリーを構築することがより重要視されるようになってきている。

これが、アメリカが日本よりも大きく「デザイン」の概念が変化を遂げている理由の一つである。

日米のデザイン会社と、クライアントの関わり方の違いを表す図(イベント資料より抜粋)
日米のデザイン会社と、クライアントの関わり方の違いを表す図(イベント資料より抜粋)

日米のデザインに対する考え方が異なる理由の2つ目として、日米のデザイン会社との関わり方が挙げられる。

アメリカのデザイン会社の場合、クライアント企業とデザイン会社はかなり密接に協業する。

上の図のように、クライアントとデザイン会社が直接やりとりをして課題解決に取り組み、プロジェクト単位でより多くの人手が必要になった時はフリーランスのデザイナーに依頼をする。

一方日本のデザイン会社の場合は、広告代理店がクライアント企業と関わりを持つ事例が多い。

ゆえに、デザイン会社はクライアントと直接ではなく、広告代理店が考えた戦略に対してデザインを制作することで形にし、クライアントの要望に応えるという構図になりがちだ。

すなわち、デザイン会社が広告代理店に「外注」されており、広告代理店に頼まれたものを「納品」している状態なのだ。

デザイナーが「依頼されたものを作る」状況そのものが変わらない限り、今のようなデザイナーが下請けをしている状況から抜け出せないのではないだろうか。

この構図を変えることが、日本でのデザイナーの地位を上げる一歩になると考える。

2. アメリカのデザイン会社の視点で見る、日米の働き方の違い

クライアントとの働き方の日米差

アメリカの企業は会議の場でネクストステップを決定する。

一方で日本のクライアントは、一度会議でこちらの提案内容を聞いたのち、社内に持ち帰って改めて内部で議論する傾向にある。

その背景として日本では、メンバー全員の意見を合意してから次に進む「合意形成」の文化が大変強い傾向にある。

下記のカルチャーマップをご覧いただいてもわかるように、「決定」の項目において日本がかなり合意を重んじていることが見て取れるだろう。

エリン・メイヤー氏が提唱した「カルチャーマップ」の日米比較(画像参照元)
エリン・メイヤー氏が提唱した「カルチャーマップ」の日米比較(画像参照元)
世界と比較しても、日本は合意形成を重んじていることが理解できる(画像参照元)
世界と比較しても、日本は合意形成を重んじていることが理解できる(画像参照元)

弊社のアメリカ人デザイナーであるJonathanとJaredによると、日本ではアメリカよりも調和が重んじられており、全員が賛成したアイディアに決定することが多いと感じているようだ。

そのため、日本のクライアントにデザインを提案するときは、クライアントが社内で議論しやすいように、そして非デザイナーでもデザインの良し悪しがわかりやすいように、よりデザインの意図を詳細に説明し、なぜAが選ばれてBが選ばれなかったのかを詳細に説明するようにしているそうだ。

クライアントが社内に持ち帰った際に、会議にいなかったメンバーにデザインの意図を聞かれた時に答えられるようにするためだ。

彼らが日本のクライアントと働く際は、それゆえ、クライアントと一緒にトライアンドエラーを繰り返しながらデザインを一緒に考えていくプロセスがアメリカのクライアントに比べて多いそうだ。

このように、文化背景の違いはデザイン制作のプロセスの違いにも関係すると言えるだろう。

3. 日米のデザインのアウトプットの違い – Holistic(全体論的)な日本、Analytical(分析的)なアメリカ

2)アメリカのデザイン会社の視点で見る、日米の働き方の違いでも言及したように、日本は全てのパターンを考え尽くして答えを出すHolistic(全体論的)な傾向がある。

対してアメリカでは、多くの情報をさまざまな観点でグルーピングして、少ない情報の中で早く結論を出して前に進めるAnalytical(分析的)な傾向がある。

それは働き方だけではなく、デザインのアウトプットにも表れている。下記の図をご覧いただきたい。Mercariのサイト(左:アメリカ、右:日本)を左右に並べているものだ。

Mercariのサイト(左:アメリカ、右:日本)(イベント資料より抜粋)
Mercariのサイト(左:アメリカ、右:日本)(イベント資料より抜粋)

見ていただくとお分かりいただけるように、色も異なれば、ロゴまでローカイライズされている。

特に言及すべきは、情報量だ。

最初に述べたように、右側の日本のサイトが情報を詳細に見せようとしていることに対して、アメリカのサイトは画像によって情報がグループ化されており、画面上にある文字情報が少なく感じられる。

Yahoo!の検索ページ(左:日本、右:アメリカ)も、日本ページは詳細に文字情報が詰め込まれているのに対して、アメリカのサイトはより画像が多く、画像一つにつき一つのニュースという見せ方で、情報がグループ化されていることがわかる。

Yahoo!の検索ページ(左:日本、右:アメリカ)(イベント資料より抜粋)
Yahoo!の検索ページ(左:日本、右:アメリカ)(イベント資料より抜粋)

上記を見ても、ページに表示される情報量が大きく異なっている。

イベント資料より抜粋
イベント資料より抜粋

働き方もデザインのアウトプットも全く異なる日本とアメリカ。

そのギャップを乗り越えるためには、作ったものに対して早めにフィードバックをいただき、「どうしたらより良くなるか」という視点で改善することもプロセスのうちだという。

初めから100%理想通りのものを目指そうとするのではなく、現時点でのベストなものを持って行って、クライアントと議論をしながらより理想に近づけていく、そのプロセスの中で、より良いアイディアやデザインが誕生するのだ。

ConFigでのプレゼンテーションより引用。
ConFigでのプレゼンテーションより引用。

最後に、JonathanとJaredが共感したという画像を共有しよう。

プロダクトは世界中どこでも一緒に見えるものを作る必要はない。展開先の国に合わせて適応したデザインに落とし込んで、その地で『使われる』ことがより大切だ。」と書かれている。

その国でプロダクトを使う人が違和感なく使えるようにすることが大切で、どの国でも見た目を揃えることやトンマナを揃えることが、世界で通用するデザインではないということだ。

文化背景の違う国のプロダクトを作成するときはまさにこのマインドセットが重要だと2人は言う。

まとめ

今回は、アメリカのデザイン会社の視点から見たデザインにまつわる日米差というテーマで、デザインの捉えられ方の違い、クライアントとの働き方の違い、デザインのアウトプットの違いという3つの「違い」を取り上げた。

btraxは日米に拠点を置くデザイン会社だからこそ、今回お伝えしたようなギャップを理解するべく、日々尽力している。

btraxではプロダクト、サービスを最適化するためのマーケットリサーチからUXデザイン、ブランド体験の言語化と設計、顧客とのコミュニケーション方法の改善まで、一期通貫して支援している。気になる方は是非、弊社のサービス内容がまとまったPDFをご覧いただきたい。

今回のイベントのアーカイブ動画はこちら。イベントの内容が気になった方は、ぜひデザイナーたちの解説を聴きながら、記事の内容を振り返ってみてください。

Ayaka Matsuda
松田彩佳
Marketing Associate

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング