SEVENTIE TWO

VOGUE JAPAN 渡辺三津子元編集長が字幕監修 「ミセス・ハリス、パリへ行く」が公開

セブツー

ファッション&ビューティに特化したインターナショナルメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

 映画「ミセス・ハリス、パリへ行く」が11月18日に全国公開することが決定した。ポール・ギャリコの原作「ハリスおばさんパリへ行く」を、アカデミー賞ノミネート女優レスリー・マンヴィル主演で映画化した話題の作品だ。舞台は、1950年代のロンドン。戦争で夫を亡くした家政婦のハリスが、ある日勤務先で1枚の美しいドレスに出会う。それは450ポンドもする「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」のドレス。すっかり心を奪われたハリスは、「ディオール」のドレスを買いにパリへ行くことを決意する。

 作品を彩る「ディオール」のドレスの数々は特に注目で、1950年代のパリを舞台に当時の女性服に革命を起こしたと言われる「クリスチャン ディオール」が手がけたデザインを、「クルエラ」をはじめ、3度のアカデミー賞を受賞した映画衣装デザイナーのジェニー・ビーヴァンが克明に再現している。

 字幕監修は「VOGUE JAPAN」の元編集長で現在はファッションジャーナリストとして活動している渡辺三津子氏。渡辺氏は本作について「『一着のドレスは人生を変える魔法を持つ』。その真実を軽やかに描いたこの作品は、私の仕事の原点を思い出させてくれる楽しい出会いでした」とコメントしている。

ティファニー・ゴドイ コンデナスト・ジャパン

関連記事
「VOGUE JAPAN」渡辺三津子元編集長の後任となる編集コンテンツ統括ポストにティファニー・ゴドイを起用

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング