Image by: Diaspora skateboards

Fashion

「ディアスポラ スケートボーズ」初の実店舗がオープン、スケートボードギアも販売

 東京のスケートウェアレーベル「ディアスポラ スケートボーズ(Diaspora skateboards)」が、初の実店舗となるフラッグシップストア「パーブス(PURRBS)」を11月12日、駒沢にオープンする。

Image by Diaspora skateboards
Image by: Diaspora skateboards
— ADの後に記事が続きます —

 店名のPURRBSは、「人=PERSON」と「言葉=VERB」を組み合わせたほか、都市を意味する「URB」や「紫=PURPLE」など複数の言葉を掛け合わせた造語。同店では、ディアスポラ スケートボーズのフルラインナップに加え、スケートボードのギアも常時販売する。このほか、親交のあるブランドのセレクトや、不定期でアーティストやブランドのエキシビションの実施を予定している。

 オープンを記念し、江川“YOPPI”芳文、MIN-NANO、MY LOADS ARE LIGHT、16FLIP、Jazzy Sport、CarServiceとコラボレーション。パーカ(1万6500円)やベルト(5500円)、ソックス(2200円)といったアパレルアイテムのほか、ミックステープ(2200円)、レザースリップマット(5280円)、エアフレッシュナー(2200円/いずれも税込)を展開する。11月12日12時からパーブス店頭限定で発売し、後日オンラインでも販売するという。

Diaspora skateboards 2022年秋冬

ルックを見る
Diaspora skateboards 2022年秋冬コレクション

■PURRBS
住所:東京都世田谷区駒沢2-16-1 染小ビル 101
電話番号:03-6413-8729
インスタグラム

Skateboard Museum Zine Collection
著: Skateboard Museum
ブランド: Gingko Press
メーカー: Gingko Pr Inc
価格: ¥4,662(2022/11/10現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング