Culture

子どもたちとライダーの交流の場に、金沢にスケボー場併設ショップがオープン

 石川県金沢市のセレクトショップ「ディテール(Detail)」を運営するインフィニティ・コーポレーションが、2号店として「アプリケーション(APPLICATION)」をオープンした。店内にはキドニー型のボウルとランプによるスケートボード施設を併設。オープン初日にはプロスケーターの吉田徹と荒畑潤一によるデモンストレーションライドが披露された。

スケートボード施設を併設した店内

関連記事
店内にスケートボード場を併設、セレクトショップ「APPLICATION」が金沢にオープン

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 アプリケーションは、金沢市片町1丁目の堅町通り沿いにオープン。ディテールも同じ堅町通り沿いで、アプリケーションから徒歩約5分の場所に位置している。ディテールでは「バルマン(Balmain)」「モンクレール(MONCLER)」「ヴェトモン(VETEMENTS)」「ケンゾー(KENZO)」「オフ-ホワイト™(OFF-WHITE™)」「パーム・エンジェルス(Palm Angels)」「フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)」「ジル サンダー(JIL SANDER)」「レディメイド(READYMADE)」といったブランドを扱っており、アプリケーションでは10〜20代の若者に向けて価格帯を抑えた「アリーズ(Aries)」「アーケニー(ARTCHENY)」「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」「エッセンシャルズ(ESSENTIALS)」などを展開。ディテールはファッション、アプリケーションはカルチャーを発信するショップと位置付けており、店名のアプリケーションには「常にアップデートしていくエンターテイメントフロア」といった意味が込められている。アプリケーションは”次世代”というキーワードに重きを置いており、インフィニティ・コーポレーションの代表取締役を務める杉浦泰司氏は「アプリケーションでは、次世代の子たちに着てほしいアイテム、ヴィンテージをアップデートしたような次世代に繋がるアイテム、次世代の子たちがやっているアイテムをセレクトしました」と話す。

 店舗は、ロサンゼルスの公園をイメージして設計。公園のように気軽に入れるようにと、看板を掲げずガラス張りの見通しの良い外観に仕上げた。杉浦氏は「金沢では子どもたちとライダーが交流する機会があまりなかった。アプリケーションでそういった場を提供できたら」と話し、プロスケーターのポップアップなどを積極的に開いていくという。スケートボード施設は11月末までは無料で、12月から1時間600円の利用料金を設ける。杉浦氏は「金沢にわざわざ来たくなるようなお店になって、金沢を盛り上げる社会貢献にも繋がれば」とコメントし、売上は月間3000万円を目指すという。オープン日には、小木 "Poggy" 基史やレディメイドの細川雄太、デジタルアーティストのSora Aotaらが来店。そのほか、プロスケーターによるコーチングなどが行われた。

白と青のトラックジャケットとパンツを着用した男性

関連記事
Y-3がパレス スケートボードとコラボ リバーシブルのジャケットやビーニーを発売

■APPLICATION
営業時間:11:00〜20:00
所在地 :石川県金沢市竪町 86-1
電話番号:076-216-7707
公式インスタグラム

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング