人工構造タンパク質 ブリュード・プロテイン繊維を基にした化粧品原料
人工構造タンパク質 ブリュード・プロテイン繊維を基にした化粧品原料

Beauty

資生堂がサステナブルな化粧品原料を開発 バイオベンチャーのスパイバーと

 資生堂が、バイオベンチャー企業のスパイバーが開発した、生分解性を有する構造タンパク質「ブリュード・プロテイン(Brewed Protein™️)繊維」を用いた化粧品原料を共同開発した。マスカラファイバーとして資生堂の製品に配合するほか、今後の製品開発に広く活用していく。スパイバーの原料を配合した化粧品が市場に出るのは初めて。

人工構造タンパク質 ブリュード・プロテイン繊維を基にした化粧品原料
人工構造タンパク質 ブリュード・プロテイン繊維を基にした化粧品原料
— ADの後に記事が続きます —

 ブリュード・プロテイン繊維は、サトウキビやトウモロコシ由来の糖類など植物由来のバイオマスを主原料として微生物による発酵プロセスで生産される構造タンパク質繊維で、これまでは衣料品の原材料として多く活用されてきた。

 資生堂はスパイバーと共同で化粧品原料の開発に取り組み、安全性、安定性、機能性、使い心地などの観点から検討を重ね、特徴を維持しながらマスカラへの配合を実現した。なおスパイバーは2021年12月に、繊維をはじめとするブリュード・プロテイン素材について、化粧品成分の国際的表示名であるINCI名(International Nomenclature of Cosmetic Ingredients)の登録を行ったため、化粧品原料として活用することが可能となった。

 資生堂は社名の由来である「万物資生」の考え方や、独自のR&D理念である「DYNAMIC HARMONY」にもとづいた「Premium/Sustainability」というアプローチで、高い機能性と持続可能性を両立する循環型の原料・製品開発を進めている。

Spiber 関山和秀代表

トップインタビュー
スパイバー関山和秀代表 人工クモ糸の開発からヒントを得た「ブリュード・プロテイン素材」の可能性

サステナブル資本主義 5%の「考える消費」が社会を変える
著: 村上誠典
メーカー: 祥伝社
発売日: 2021/09/30
価格: ¥1,672(2022/11/17現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング