お買いモノ

襟元から旬顔に、今季のトレンド「つけ襟」で手持ちの服をアップグレード

 オシャレ欲が高まる新しいシーズンですが、トレンドをキャッチしたいのであれば断然、「アクセントカラー」がおすすめです。少女性の強い"襟(カラー)"アイテムをモードなスタイルとあわせることで、これまでなかった新鮮な印象に。ビッグカラーを取り入れたトップスが多く登場した今シーズン、手持ちのアイテムを旬な装いへと変える「付け襟」はこの春マストハブなアイテム!

— ADの後に記事が続きます —

今季注目カラーをアクセントに

 「ガニー(Ganni)」の鮮やかなグリーンのカラーはレザー仕様でリッチな仕上がり。遊び心あふれるラッフルトリムがレザーの光沢感で一層プレイフルに。春にちょうど良い鮮やかなカラーはまさに旬です。

さりげなくアニマルモチーフをしのばせて

 オーガニックコットンを使用したこちらのカラー。一見ホワイトとゴールドの大理石パターンのように見えるのですが、よく見ると美しいホースのプリントが。

エレガントな印象を気軽にプラス

 「ピンコ(PINKO)」からはレザーモチーフにビジューをあしらえたエレガントな付け襟が登場。ドレスアップに華やぎを添えるアクセサリーとしてはもちろん、カジュアルな格好に合わせることでコーディネートを引き締めます。

遊び心あるカラーをデイリーに

 クロシェでデザインされた大胆なイエローの付け襟はインパクト大。さらに長めのタッセルが全体のバランスを整えてくれるなんとも嬉しいデザイン。デイリーに楽しむラフな付け襟が欲しいのであれば是非こちらをチェックして。

顔周りから上品に

 「ミッソーニ(MISSONI)」のウールカラーは、イタリアのクオリティとクリエイティビティを感じる上質なアイテム。深い色味のボルドーレッドはスタイリングを上品に仕上げます。秋口にも使えそう。

ホワイトカラーで洗練された雰囲気に

 首元の細かいプリーツが繊細な「ディースクエアード(DSQUARED2)」の付け襟はクリーンなホワイトカラー。ミニマルだけれど個性的なアイテムは、ノーブルで洗練された雰囲気を醸し出します。

ブラックサテンが高級感を演出

 「レンリ・スー(Renli Su)」のオーバーサイズなビッグカラーは、上質なブラックサテンを使用。ベースと同色であしらったジャガード織りの刺繍ディテールが光の角度により姿を現し、高級感ある風貌を演出します。

大胆アニマルプリントで新たな発見を

 レオパードプリントが配された「ガニー(Ganni)」のカラーはかなり大胆。グッドガールな付け襟だからこそ尖ったムードでコーティングするのがクールなバランス。いつものルックに合わせれればこれまでなかったフレッシュルックの出来上がり。

ユーモアを効かせたマニッシュスタイルに

 惜しまれながら亡くなった「カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)」の象徴といえば、フィンガーレスグローブとこの首元ですよね。ブランド哲学を携えつつユーモアの光るこのアイテムであなたの個性を爆発させて。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング