Fashion フォーカス

【連載】デザビレ紹介!こだわりの手仕事で作るレザーアイテムに注目「AUTTAA」214号室

 ファッション関連で活躍する企業や若手クリエイターたちが入居する施設"台東デザイナーズビレッジ(=デザビレ)"。実はFashionsnap.com も入居しています。台東区の産業活性化、ひいては日本のファッション産業の成長など崇高な目的のために設けられたデザビレには、厳しい審査(なんと3回も審査がある!)をクリアし高い倍率をくぐり抜けた19組が入居しています。ここでは、施設内の新進クリエイターたちが一体どんな活動を行っているのかを連載でちらっとご紹介。第10回目はデザビレ214号室に入居する「AUTTAA(アウッタ)」さんです。

— ADの後に記事が続きます —

 靴、鞄、革小物の製造・販売を行う「AUTTAA」は、新井 直子(あらい なおこ)さんと青野 寛子(あおの ひろこ)さんによる女性2人組のクリエイターユニット。ブランド名の「AUTTAA(アウッタ)」とは、フィンランド語で「助ける、手伝う」の意味。「経年変化で味が生まれる表情豊かな革を用いた商品を仕上げる(=助ける)のは"買い手"である」という想いから名付けられているとか。アトリエ兼展示スペースとして利用されている室内には、"甘くないハンドメイド"をコンセプトにした靴や鞄が並んでいます。

dezabire_auttaa_01.jpg

ハンドメイドの靴と鞄が各所に

 新井さんは、エスペランサ靴学院の卒業後に紳士服メーカーへ就職。同時に学生時代から個人で靴の展示会を都内中心に行っていました。青野さんは、エスペランサ靴学院卒業後、ロンドンに渡りロンドンの専門学校でファッションやアクセサリーデザインを専攻。帰国後は、革小物を作り始め都内各所で展示会を開いていました。学生時代に新井さんが卒業展示とは別に個展を開きそれを手伝う形で青野さんが参加したことがきっかけとなり、学生とスタッフの関係だった2人は「AUTTAA」を立ち上げ、共同制作をスタートします。2人の学年は7つ違い。学生とスタッフという関係だったということもあり、現在も普段は敬語で呼び合っているそうです。

 村長・鈴木淳さん(デザビレの長!)が専門学校の講師を努めていたことから、デザビレがどのような施設かは知っていたという2人。月1回のペースで、授業を通して顔を合わせていたとか。2009年9月にデザビレへ応募、翌年2月の入居と同時にブランドを本格始動することになったそう。

dezabire_auttaa_02.jpg

シーンに合わせて使い分けたい様々なカラーリングが魅力

 浅草は靴の街、御徒町はベルト・鞄の街と言われているそうで、デザビレは「買い付け場所へのアクセスは抜群!」とのことです。

dezabire_auttaa_03.jpg

ディスプレイにも工夫が見られます。右:Round Shoulder Bag ¥23,000

 パンプスやスニーカーなど工場生産で補えるシューズが市場を占めている現在、「個人や自分の手でつくれるものの必要性を感じた」と話す新井さんと青野さん。現在は靴と鞄を約6:4の割合で生産しており、客層の男女比は1:9。ナチュラル雑誌での掲載頻度が多いことより主婦層からの人気が高いそうです。レザーは幅広い年齢層から好まれることから、20代後半〜50代と幅広い買い手がいるというのも納得ですね!

dezabire_auttaa_04.jpg

窓際に並ぶ靴や鞄もすべて手作りです


dezabire_auttaa_05.jpg

1足、1足丁寧に制作されています

 新井さん、青野さんのお勧めは下の写真のシューズだそうです! 2011年秋冬のテーマは「newtral」。東京っぽいフラットさを意識しており、アトリエ内にはさらっと持てるレザーものを意識したアイテムが並んでいました。もともと、ドイツなどヨーロッパで生産された印刷物が好きだったという2人。そこから現在の作品づくりのインスピレーションが生まれているといいます。

dezabire_auttaa_12.jpg
dezabire_auttaa_13.jpg

 靴によって異なるものの、1足(ペア)につき3日くらいを要するようです。ヴィンテージ感を出すデザインでは仕上げにホワイトワックスをつけているとか。

dezabire_auttaa_09.jpg

ペンチや金具など、所狭しと器具が並んでいます

dezabire_auttaa_11.jpg

靴の形はいくつもの型の中から決められています

 2012年春夏のテーマである「サーカスの光」は、アーティスト RYO ICHIIの写真集「PASPO SO」からアイディアを得たとか。ちなみにカタログのイラストは山口洋介さんが担当しています。

auttaa_20.jpg

左:2011-12 A/W カタログ 右:2012 S/S カタログ

 来年の2月上旬には、2012年春夏向けの展示会を吉祥寺のギャラリー「poooL」で開催する予定になっています。革の個性を活かしたものづくりが特徴の「AUTTAA」さん。今後の活躍に期待がかかりますね!

■アウッタ
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング