ディオール 2021年クルーズコレクション
ディオール 2021年クルーズコレクション
Image by: DIOR

Fashion注目コレクション

ディオールがイタリアで無観客ショー開催 ルミナリエが彩る2021年クルーズコレクション

ディオール 2021年クルーズコレクション Image by DIOR
ディオール 2021年クルーズコレクション
Image by: DIOR

 「ディオール(DIOR)」がランウェイショーを再開し、2021年クルーズコレクションをイタリア・プーリア州のレッチェで発表した。従来の予定では5月に発表を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で2ヶ月強の延期となっていた。ショーは無観客で行われ、現地からライブ配信した。

— ADの後に記事が続きます —

 ディオールは、多くのブランドと同様に5月から6月にかけて行う予定だったランウェイショーを中止し、オートクチュールメンズの新作コレクションは7月上旬にムービーで発表した。その後、欧州では徐々にではあるがフィジカルのコレクション発表に戻りつつあり、7月15日に「エトロ(ETRO)」と「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」がそれぞれミラノで、7月16日に「ジャックムス(JACQUEMUS)」がフランス・ヴェクサンでショーを開催している。

 ディオールがショーを行ったレッチェは、アーティスティック ディレクターのマリア・ グラツィア・ キウリ(Maria Grazia Chiuri)の父の出身地であり思い入れのある土地だという。屋外に設置された会場は光の装飾ルミナリエによって彩られ、音楽を担当したのは映画音楽などを手掛けているパオロ・ブォンヴィーノ(Paolo Buonvino)。オーケストラによる演奏とダンスと共に、荘厳な儀式のようなムードを作り上げた。

 2021年クルーズコレクションは、レッチェに根差したサヴォワールフェールに敬意を表し、現地のアーティストらと協業。メゾンを象徴する「バー」ジャケットにはレ・コスタンティーネ財団のファブリックを採用し、アトリエで働く女性たちのモットーである「Amando e Cantando(イタリア語で「愛することと歌うこと」の意)」のフレーズをスカートの背面にあしらった。

 野原を想起させるボタニカルのモチーフは、アーティストのピエトロ・ルッフォがデザイン。マリネッラ・セナトーレが再解釈したルミナリエは、会場装飾だけではなく刺繍などの技法でコレクションに取り入れている。三角巾型のヘッドピースや、レザーのコルセット、ブックトートなどのバッグといったアクセサリーにはクラフトの技術が注入され、手仕事の温もりをコレクションに添えた。

 マリア・グラツィア・キウリのインタビュー動画は以下。発表地としてプーリア州を選んだ意味、アーティストやローカルの人々とのコラボレーションなどについて語られている。(日本語字幕の選択可)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング