LifestyleNOTE

編集部の「今日のひとこと」

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、FASHIONSNAP.COMも在宅勤務に変更。いつもと異なる環境の編集部から、部員による「今日のひとこと」を綴っていきます。毎日ゆる〜く更新中。

※5月29日をもって更新を終了しました。

— ADの後に記事が続きます —

 

5月29日(金)

 ここ数年、色占いにハマっています。どの人にも馴染みのある「色」を用いることで占いの結果を直感的に理解でき、定期的に受けることで自分の変化を定点観測できるのが魅力です。お気に入りは占い師で作家のしいたけ.先生による色占い。先日、2020年の色占いが雑誌アン・アン(an・an)の特集号から発売され早速購入しました。私の今年のカラーは水色、ベージュ、シルバー、ブラックで、全てに共通する性質は「個」を重んじること。去年までは営業職として毎日沢山の人と出会い、プライベートも土日の予定がパンパンなくらい活動的だったのですが、転職を機に時間の使い方を見直すようになり、自然と自分と向き合う時間が増えていた気がします。そんな生活の変化が自分の色にも影響を及ぼしていたのかもしれないと思うと思わず「深イイ〜!」と心のレバーを倒したくなります(笑)。気になる方はぜひチェックしていただきつつ、FASHIONSNAP.COMで連載中の「今週の日曜日22時占い」もお忘れなく!【ニュース部 K.I】

 

 この約2ヶ月を振り返って、やはりコロナショックで失ったものは大きいと感じています。ビジネスはしかり、ここ最近のSNS上での話題を見ていると人文的側面でも失ったものは甚大だと感じずにはいられません。ただ一方で、個人的にはいわゆるアフターコロナと呼ばれる"新しい日常"に対しては、どこか楽観視しているところがあります。これは自社のことを翻ってみても思うのですが、今は全てコロナのせいにすれば大胆な決断がしやすいと思うためです。これまでの日本社会はやはりどこか保守的で、やりたいことがあっても何かと理由をつけてSTOPをかけてしまうということが多かったように思います。でも今はコロナのせいで失ったものを取り戻すために何かアクションを起こさないとという危機感が共有されるようになりました。その共通認識が新しいものやアイデアを生み出すためのブーストになるのではないか。リモートワークの導入など効率的だと思える判断が、コロナを機に採用されるようになったように、倫理や伝統という蓋があったおかげでなし得なかった合理的判断を貫くための土壌が今はあるように思います。すでに周りにはそうした何か面白いことをしようと考えている人は沢山います。メディアの人間としては、そうした人たちにスポットを当てていくこと、そこに注力していきたいと考えています。そして、個人的にファッション業界で最も保守的なのがメディアだと思っているところもあり、今後はファッションメディアを牽引できるような新たな施策を仕掛けていければと思う所存です。【編集委員 F.Y】

 

 緊急事態宣言が全面解除されたということで、本日分をもって編集部の「今日のひとこと」更新は終了です。「在宅期間中の編集部員の生活が垣間見えたら面白いかも」という発想から立ち上げた本企画ですが、はじめは「みんな本当にちゃんと書いてくれるかな......」と半信半疑な気持ちもありました(失礼)。結果的に個性豊かなひとことが揃い、むしろ普段の生活では見えなかった新たな一面を発見することにもつながり良い企画になりました。編集部内でもこの企画をきっかけにコミュニケーションすることも少なくなかったようで、潤滑油のような役割も担えたことは冥利に尽きます。来月以降も一部社員はリモートワーク継続ですが、離れていても一丸となってファッションやクリエイティブ業界を盛り上げていきたいと思っていますので、引き続きFASHIONSNAP.COMをご愛顧いただければ幸いです。【ニュース部 M.I】

 

>>5月28日(木)の「今日のひとこと」を読む

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング