Fashion ギークへの道

ファッションギークへの道 白T編 - 無印良品 -

 モノ選びの達人を目指し、ファッションの定番をリサーチする新連載「ファッションギークへの道」。第1弾のテーマは、夏の定番アイテム「白の無地Tシャツ」。シルエットや着心地、透け感など、メンズのSサイズを基準に様々なブランドの定番白Tシャツをレビューします。Vol.7は「無印良品」。

fadvd-20160609_001.jpg


fadvd-20160609_002.jpg

 1980年に、西友のプライベートブランドとして40品目でデビューした「無印良品」。1989年には西友から独立し、良品計画が設立。衣料品から家庭用品、食品など約7,000品目を展開するブランドへと成長しました。人をダメにするソファ"やコットンスニーカーなどの商品が注目を集めている「無印良品」ですがウエアにも力を入れており、中でもオーガニックコットンシリーズは主力商材なんだとか。

muji-d.jpg

T-SUKE-20160628_022.jpg

今回は、数ある無印良品のTシャツのなかからオーガニックコットンクルーネック半袖Tシャツをピックアップ公式ECストアでは完売することもある人気アイテムです。身幅や肩幅などは「ファッションギークへの道」でセレクトしたTシャツの平均値に近い長さですが、着丈は65cmとやや短め。生地には、"風合いの良い"オーガニックコットンを使用していて、少し生成りがかっています。素材はコットン100%ですが、リブのみコットン95%、ポリウレタン5%。アウターとして着るには透け感が心配な一枚なため、チク透け(乳首透け)レベル*は「3」とさせていただきます。

*チク透けレベル とは?
男性にとってTシャツ選びの重要ポイントでもある"乳首透け"を3段階で評価した独自指標
1 - 全く透けない / 2 - やや透ける / 3 - 結構透ける

muji.gif

着用モデル:身長 173cm、体重 54kg

rTシャツサイズ.jpgTシャツサイズ首.jpgmuji-size.jpg
whitetshirt_price_muji-r.jpg

whitetshirt_map_mujir.jpg
afterwashing.jpgMUJI-AFTERWASH.jpg


NUJI-WASH-20160706_001.jpg

NUJI-WASH-20160706_004.jpg

首もとに伸び留めテープが使用されているTシャツですが、洗濯後は首元の幅(天幅)は14cmから16,5cmに伸びてしまいました。ハリ感のあるTシャツではないので、「ヘインズ(Hanes)」のTシャツのようにクタリ感が好きな人にはオススメです。

■ファッションギークへの道 白T編
vol.1 Hanes Red Tag
vol.2 FRUIT OF THE LOOM
vol.3 UNIQLO
vol.4 RED KAP
vol.5 PRADA
vol.6 anvil
vol.7 無印良品
vol.8 Hanes Blue Tag
vol.9 SUNSPEL
vol.10 Champion
vol.11 Supreme × Hanes
vol.12 FilMelange
vol.13 Healthknit
vol.14 JIL SANDER
vol.15 Hanes BEEFY
vol.16 ANATOMICA
vol.17 GILDAN
vol.18 COMME des GARÇONS SHIRT
vol.19 ACNE STUDIOS
vol.20 HEAVY WEIGHT COLLECTIONS
vol.21 United Athle
vol.22 Hanes Gold Tag
vol.23 VALENTINO
vol.24 Carhartt
vol.25 COTTON STAFF
vol.26 visvim
vol.27 Hanes T-SHIRTS Japan Fit
vol.28 CROSS STITCH
vol.29 Printstar
vol.30 ONEITA

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング