Fashion ギークへの道

ファッションギークへの道 白T編 -Hanes Blue Tag-

Image by: FASHIONSNAP

 モノ選びの達人を目指し、ファッションの定番をリサーチする新連載「ファッションギークへの道」。第1弾のテーマは、夏の定番アイテム「白の無地Tシャツ」。シルエットや着心地、透け感など、メンズのSサイズを基準に様々なブランドの定番白Tシャツをレビューします。Vol.8は「ヘインズ(Hanes)」のブルータグ(青パック)

 

vadvasvf-20160607_001.jpg

vadvasvf-20160607_002.jpg

 以前紹介したヘインズのレッドタグに続き、今回はブルータグをピックアップ。1970年代にデビューした名作Tシャツで、価格は1枚当たりレッドタグより144円高い864円となっています。

collageD.jpg

vadvasvfffe-20160517_001.jpg

レッドタグはコットン100%ですが、ブルータグは「コットン75%+ポリエステル25%」のポリ混を使用し、"乾きやすさ"と"シワになりにくさ"を実現したTシャツ。また、オープンエンドと呼ばれる綿菓子を作る要領で、空気の流れで撚りを加えて糸にする紡績方法で作られているため、生地に味わいのある"ムラ"が出るのが特徴です。オンスが低いので一枚で着ると若干透けてしまうのが難点ですが、サラッとした肌触りなので夏場は重宝しそう。チク透け(乳首透け)レベル*はレッドタグ同様、かなり透けるのでレベル「3」。

*チク透けレベル とは?
男性にとってTシャツ選びの重要ポイントでもある"乳首透け"を3段階で評価した独自指標1 - 全く透けない / 2 - やや透ける / 3 - 結構透ける


hanes-blue-sasai.gif
rTシャツサイズ.jpgTシャツサイズ首.jpg



HANES-BLUE-SIZEr.jpg


whitetshirt_price_hanesblue-r.jpg



whitetshirt_map_hanesr.jpg

afterwashing.jpg

collagemF.jpg


fdscsaff-20160621_002.jpg


fdscsaff-20160621_003.jpg

洗濯後に採寸すると身頃は縦に約2cm縮み、横に約2cm伸び、中でも一番変化が大きかったのは約3cm伸びた首元の幅(天幅)。もともと首周りが詰まっている作りではありませんが、数回着用するとレッドタグほどではありませんがネックにゆとりが出ます。ポリエステル配合ということで、毛玉が出てしまうのが少し気になりました

■ファッションギークへの道 白T編
vol.1 Hanes Red Tag
vol.2 FRUIT OF THE LOOM
vol.3 UNIQLO
vol.4 RED KAP
vol.5 PRADA
vol.6 anvil
vol.7 無印良品
vol.8 Hanes Blue Tag
vol.9 SUNSPEL
vol.10 Champion
vol.11 Supreme × Hanes
vol.12 FilMelange
vol.13 Healthknit
vol.14 JIL SANDER
vol.15 Hanes BEEFY
vol.16 ANATOMICA
vol.17 GILDAN
vol.18 COMME des GARÇONS SHIRT
vol.19 ACNE STUDIOS
vol.20 HEAVY WEIGHT COLLECTIONS
vol.21 United Athle
vol.22 Hanes Gold Tag
vol.23 VALENTINO
vol.24 Carhartt
vol.25 COTTON STAFF
vol.26 visvim
vol.27 Hanes T-SHIRTS Japan Fit
vol.28 CROSS STITCH
vol.29 Printstar
vol.30 ONEITA

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング