「ゴダール」店内
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion フォーカス

サロンのような店に――元ドーバー銀座バイヤーが仕掛けるショップ「ゴダール」の魅力

 代々木駅から徒歩2分。細い路地裏に佇む雑居ビル2階の窓から、天井に吊るされた「ナマチェコ(NAMACHEKO)」のテキスタイルがのぞく。ファッションエリアから離れた場所に位置するこのショップは、今年オープンしたセレクトショップ「ゴダール(Godard)」だ。ディレクターを務めるのは、「ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA、以下ドーバー)」でバイヤーとして経験を積んだ笹子博貴氏。気鋭デザイナーズブランドの新作からラグジュリーブランドのアーカイブ品、テーラードアイテムまで、様々なジャンルのアイテムが違和感なく調和するショップ「ゴダール」とは――。

 ディレクターの笹子氏は現在31歳。2012年のオープン時からドーバーで販売員としてキャリアをスタートし、2015年にバイヤーに転身。昨年11月に退社した。「ゴダール」は今年3月にプレオープンし、2019-20年秋冬コレクションが到着する7月から本格展開がスタート。ショップ名は、笹子氏が一番好きだという映画監督 ジャン=リュック・ゴダール(Jean-Luc Godard)から。60年代における、学生運動をはじめとする若者のエネルギーや反骨精神に魅了されたという。

 モードの世界に身を置いていた笹子氏がスーチングスタイルを提案するのは意外のようにも思えるが、「ファッションは清潔感、品、知性が大事」と話す笹子氏にとって、スーツは姿勢や振る舞いに影響を与える"律してくれる洋服"だという。「ファッションの基本や中心はスーチングにある」という考えを反映するかのように、店内中央に置かれたデスクにはスーチングスタイルのアイテムが並ぶ。「タイ ユア タイ(TIE YOUR TIE)」のシャツやジャケットから、「グッチ(GUCCI)」や「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」の革靴まで揃う「ゴダール」が提案するのは、例えば、オーダーメイドのスーツと革靴に、シャツは「ナマチェコ」を合わせてみるなど、スーチングに一部デザイナーズブランドのアイテムを応用するスタイルだ。

 デスクを囲うように配置されたラックに並ぶ"応用品"は、デザイナーズブランドによる新作コレクションや、ラグジュリーブランドのアーカイブピースなど。ドーバーで学んだ「(アイテムを)選びに行くのではなく、デザイナーと会話しに行く」という買い付けのスタンスは、人との繋がりに重きを置く「ゴダール」の店作りにも影響を与えている。「自身が応援したいと思うデザイナー」を基準に、2019-20年秋冬シーズンは「ナマチェコ」や「ステファン クック(Stefan Cooke)」「ルドヴィック デ サン サーナン(Ludovic de Saint Sernin)」いったブランドを買い付けた。このほか、「Wan Shan Ling」と「Manas」からは、別注をかけたオリジナルアイテムも取り扱っている。

 アーカイブ品では、笹子氏が好きなデザイナーだというフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)が手掛けていた「セリーヌ(CELINE)」をはじめ、「ジル サンダー(JIL SANDER)」「ウェールズ・ボナー(WALES BONNER)」「コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)」「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」といったブランドのピースが並ぶ。このほか、笹子氏が既成品の最上級だと称する「エルメス(HERMÈS)」のアイテムも充実。バーキンをはじめ、コレクター垂涎の「エルメス」のアイテムが揃う。

 

 笹子氏のこだわりはファッションだけでなくインテリアにも。店内には「シャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand)」や「ポール・マッコブ(Paul McCobb)」「ジャン・プルーヴェ(Jean Prouve)」のファニチャーが揃い、一部販売もしている。壁には非売品ではあるが「エルメス」のヴィンテージポスターが飾られている。

 笹子氏自身にとって、最近ファッションで気持ちが高揚するのは、サロンに行ってスーツを仕立ててもらう時間だという。「ゴダール」でも、来る人が店主との交流を楽しんだり、新しい価値観を発見できるサロンのような店を目指す。

■ゴダール
所在地:東京都渋谷区代々木1-37-4 2F
営業時間:15:00〜21:00
定休日:水曜日・不定休
公式サイト公式インスタグラム

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング