お買いモノ

オールシーズン活躍のベーシックアイテム グレースウェット12選

 メンズの定番、シンプルなグレーの長袖スウェット。一見似ているようで、各ブランドごとにこだわりが感じられる奥深さも。新しいヘビロテの一着を見つけるべく、12のアイテムを早速チェックしてみましょう。

 「シックス エッジズ(Ⅵ.E Six Edges)」のスウェットは、ショルダーラインとボディサイドを走るストライプラインに注目。オフホワイトよりの明るいグレーなので、落ち着いたマルチカラーストライプとのコントラストが映えます。首元はやや詰まりぎみのクルーネック。少し長めの着丈70cm。

 スリムフィットな「イエスズィー バイ エッセンツァ(Yes Zee By Essenza)」のグレースウェット。コットン混のフリース素材を使用。左腕にはロゴパーツ、両サイドの裾にはジップと、実は随所にポイントが仕込まれています。ウエストが隠れるくらいの着丈65cm。

 「ファブリックブランド(FABRIC-BRAND & Co.)」のスウェットは、コットン90%&麻10%の混紡生地を使用。ブランド名そのままの、素材からこだわった細やかな仕事ぶりは大人のカジュアルウェアに最適。太めのネックリブやVガゼットがクラシックなムード。デニムとの相性も◎。着丈は70cm。

 ハリのあるネオプレン素材を使用した「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のスウェットは立体的なシルエットが楽しめます。リブのないストレートな袖や大きめのフィット感が、モードな印象の一着。着丈65cm。

 おなじみのブランドロゴマークが胸元に。「ポロ ラルフ ローレン(Polo Ralph Lauren)」のUネックスウェットは、伸縮性の高いジャージー素材で着心地も快適。ガンガン着倒して、アクティブな毎日の相棒にしてしまいしょう。ステッチラインもシンプルで程よいアクセントになっています。ボタンダウンシャツとのレイヤリングもおすすめ。着丈65cm。

 スポーティとモードを両立させた「ジョン エリオット(JOHN ELLIOTT)」のスウェットは、洗練されたシルエットが特徴。生地は日本製のものを用いています。着丈65cm。

 国産ブランド「ダブルタップス(WTAPS®)」のスウェットは、フェイクファーの裏地で寒い季節にぴったり。フロント、バックともにVガゼット仕様になっています。着丈は61cm。

 ルーズフィットがリラックス感あふれる「ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」のスウェット。ブラックとグレーの中間カラーがシックな雰囲気。着丈は65cm。

 「ヌメロ ヴェントゥーノ(N°21)」のスウェットは、洗いざらしのような質感がユースドライク。ラフなロゴプリントも、ワンポイントながら華を添えています。普段よりも大きめを選んで、ラージサイズをストリートテイストに着こなしたいですね。フロントポケットつき。着丈は69cm。

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」のクリエイティブ・ディレクターに就任したマシュー・M・ウィリアムズの「1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM)」。エフォートレスとクールのミックス具合が絶妙。フロントの控えめなロゴにもある「ALYX」は、愛娘の名前なんです。着丈は70cm。

 「カーハート(Carhartt)」のスウェットトップスは、老舗ワークウェアブランドならではのヘビーデューティさが頼れる存在。ブライトグレーが顔周りも明るく見せてくれます。コットン100%。着丈は66cm。

 プレーンなスウェットでは、なんとなく物足りない……そんなあなたにはユニークなプリントの「ジョン リッチモンド(John Richmond)」のスウェットをピックアップ。サイズ感に加え、ビビッドなカラーリングとデヴィッド・ボウイの顔がインパクト大。ややタイトフィットで、着丈は65cm。

関連記事
あなたはいくつ知ってる?夏に向けて揃えたい、バンドTまとめ

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング