お買いモノ

おうちヘッドスパでスカルプケア 頭皮マッサージ器7選

 紫外線が気になる春の時季。スキンケアを気にかける方が増える一方、肌と比べておろそかになりがちなのが頭皮ケアです。美髪のカギをにぎる頭皮だって、フェイスやボディと同じく優しくケアしたい部位。紫外線によるダメージはもとより、皮脂の汚れが詰まったりと頭皮トラブルも起こりやすくなる今、オススメしたいのが手軽にケアできる頭皮マッサージ器です。おうちヘッドスパ、始めませんか?

— ADの後に記事が続きます —

頭皮マッサージ器でおうちがヘアサロンに

 巣ごもり需要の影響もあってか、すさまじく進化を遂げている美容家電の世界。注目したいのが、おうちで手軽にヘッドスパ体験を味わうことができる頭皮マッサージ器です。人の手でマッサージしてもらっているかのようなプロの技をいかに再現できるか、各メーカーがあらゆる技術を駆使した製品は、どれもこれも気になるものばかり。頭皮マッサージ器のほとんどが防水仕様のため、お風呂のなかでリラックスしながら頭皮ケアができる利点も。自分を癒しつつ、しっかり頭皮ケアをして、紫外線に負けない美髪をめざしましょう。

リファ(ReFa)

 フェイスローラーでおなじみの「リファ」が目指したのは、エステティシャンの力強い手技を再現した頭皮ケアのための美容機器。ポイントは、頭皮を連続的につまみ上げる、独自のクワロト3Dローラー。硬くなりがちな頭皮をしっかりつまんでほぐすことで、髪・肌本来の美しさを引き出します。置くだけで絵になるスタイリッシュなデザインも注目です。

 グレイスヘッドスパが気になるけどちょっとお値段が…という方は、こちらのヘアブラシがオススメです。電動ではありませんが、やわらかくしなる極細ピンが頭皮にやさしくアプローチ。シャンプーしながらの毛穴ブラッシングで、ニオイやベタつきを軽減することができます。

マイトレックス(MYTREX)

 サロンの技術を再現した「マイトレックス」の本格派マッサージ器。頭皮を持ち上げるように気持ちよくリフレッシュしながら、頭皮汚れや皮脂を効果的にかき出します。ボタン1つでスピードと回転方向を切り替えることができ、自分にあったモードで頭皮ケアができます。乾いた髪や首・肩にも使えるので、テレビを見ながらのマッサージにもぴったりです。

ニップラックス(NIPLUX)

 最高の頭皮洗浄を体感できる「ニップラックス」のマッサージ器。シリコンブラシが頭皮に密着し、毎分約600回の微振動で頭皮をほぐします。筋肉の緊張や疲れをやわらげることで、血行促進の効果も期待大。騒音を最小限まで低減した静音設計のため、音を出せない夜の時間帯も気兼ねなく使用できます。手のひらにフィットしやすい持ち手が特徴です。

パナソニック(Panasonic)

 ヘッドスパサロンで使われるプロのハンドテクニックを再現したのが「パナソニック」の頭皮エステ。まるで手の動きのようなフォーフィンガースパイラルによる、頭皮を引き上げる感覚にハマること間違いなし。ブラシはノーマルとかっさの2種類です。5つのモードと組み合わせることで、自分好みのスペシャルケアで最大限にリラックスできます。

 男性にオススメしたいのがシルバーがクールな皮脂洗浄タイプです。フォーフィンガースパイラルを採用している点は頭皮エステと同様ですが、特徴はFINISHモードを搭載している点。強弱のある細かい動きで洗浄できるので、皮脂が多めの男性の頭皮もすっきり洗い上げます。

 お手頃価格で「パナソニック」の技術を体感したい方は、頭皮クレンジングに特化した電動頭皮ブラシをチェック。手洗いでは実現できない音波振動と極細毛ブラシで、長い髪もかき分け、頭皮をしっかりクレンジングしてくれます。約205gと軽量のためシャンプー中も疲れにくいのが嬉しいポイントです。

ブレオ(breo)

 高級感のあるメタリックデザインが特徴の「ブレオ」の電動ヘッドブラシ。洗練されたデザインが高い評価を受け、国際的に権威のあるドイツred dotデザイン賞を受賞しています。ブラシ自体が360°回転するなど、見た目だけではなく機能もバッチリ。3種のモードと6種のハンドテクニックで、これまで味わったことのない爽快感を得ることができます。

 手の小さい方や持ち運び用をお求めの方なら、ひとまわり小ぶりなminiがオススメ。PCマウスのような形をしているのは、人体工学に基づいてデザインされているから。手のカーブに沿ってフィットするよう設計されているため、疲れにくく、滑りにくく、長時間の使用もOK。コンパクトな見た目と軽さで旅先にも持っていきたい一台です。

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。
※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング