HYKE 2019年春夏コレクション
HYKE 2019年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion ストーリー

【まとめ】HYKEのヘリテージと進化、ノースなど歴代コラボを振り返る

数々のコラボレーション

 ブランドの特徴の一つでもあるのが、スポーツやアウトドアなどのトップメーカーとの協業。男女にファン層を広げています。

<MACKINTOSH>

 2014年秋冬シーズンに登場したのが、英国の老舗アウターブランド「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」とのコラボ。「MACKINTOSH × HYKE」のライン名で、スタート当初は3シーズン契約でしたが、好評を得て5シーズンに延長。2016年春夏コレクションからはメンズラインが加わりました。

 コンセプトは、マッキントッシュの歴史を背景とした技術とハイクのクリエイションの融合。代表的なゴム引きコートにハイクならではのミリタリーのインスピレーションや、パイソン柄などを取り入れました。

MACKINTOSH × HYKE Image by: FASHIONSNAP.COM

 

<adidas Originals>

 スポーツブランドでは「アディダス オリジナルス(adidas Originals)」と協業。コラボレーションライン「adidas Originals by HYKE」として、2015年春夏シーズンから3シーズン限定で展開されましたが、2016年秋冬シーズンまで延長となりました。

 アディダス オリジナルスのスポーツウェアとプロダクトのヘリテージを、ハイクが現代的な視座で再構築したデザインが特徴。スタンスミスの原型ハイレットがベースのスニーカーをはじめ、ウェアや雑貨を展開。ハイクらしいパイソン柄が人気を集めました。

adidas Originals by HYKE Image by: adidas Originals

 

<THE NORTH FACE>

 2017年春夏シーズンから「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」とのコラボレーションがスタート。ハイクのブランドコンセプトやものづくりの精神に共感したザ・ノース・フェイスからのオファーによって実現しました。ザ・ノース・フェイスが積み重ねてきたデザインや技術にフォーカスし、アウトドアスポーツウェアの機能性とハイクの感性を融合させたアイテムを展開しています。

「ザ・ノース・フェイス × ハイク」2018年春夏コレクション Image by: FASHIONSNAP.COM

 デザインやディレクション以外の、素材調達と生産はザ・ノース・フェイス。第1弾の2018年春夏コレクションではゴアテックス素材のみを使用し、パイソン柄を取り入れたロングアウターなど全3型を展開しました。

「ザ・ノース・フェイス × ハイク」2018年秋冬コレクション Image by: FASHIONSNAP.COM

 第2弾の2018年秋冬コレクションでは、型数や素材バリエーションを拡大。ダークネイビーとコヨーテブラウンの2色で、インナーやスカート、ネックゲイター、ブーツ、ベルトなど全11型を制作しました。ウィメンズ向けのコレクションですが、女性だけではなく男性にも支持されています。

2019年春夏コレクションより Image by: FASHIONSNAP.COM

 2019年春夏コレクションで発表された第3弾のカラーは、ホワイト、ネイビー、タンの3色。ネックゲイターやプリーツスカート、ロングコート、キャップ、ソックタイプのシューズなどラインナップを拡充しています。初のメンズラインや特別仕様のテントも登場先行発売は2月6日、一般発売は2月14日に一部の店舗で行われる予定となっています。

HYKE 2019年秋冬コレクションよりImage by: FASHIONSNAP.COM

 そして、2019年3月に発表された第4弾で、コラボレーションは最終シーズンに。2019年秋冬コレクションのショーでメンズとウィメンズの最新アイテムが発表されました。新色はオリーブ。発売は9月頃の予定となっています。

 

ハイクはどこで買える?

 ハイクは直営店を持たず、主に「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」「バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)」「エディション(EDITION)」といったセレクトショップやオンラインストアで販売しています。百貨店では、伊勢丹などの一部店舗で取り扱われています。

 コラボレーションは上記の一部と、協業先の一部の店舗で販売。いずれも人気が高いため事前抽選や入店制限も行われているので、確認してから店舗へ。

  

■ハイク:公式サイト

【特集】名品・定番のバックナンバーはこちらから

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング